このブログの歩き方

 この度は当ブログへのご訪問ありがとうございます。

 以下、当ブログに書いている内容について簡単に説明したいと思う。

理学・作業療法士の給料、年収を検索して当ブログへ来られた方へ

1e7c82e3384d57cbd3b5cf7d2007482f_s

 当ブログへ理学・作業療法士の給料や年収で検索してお越しになられた方は『夢見る新卒理学療法士・作業療法士に告ぐ!残念ながらあなた方は負け組決定なのだ!』というエントリーをお読みになられた事だろう。

 これは何も理学・作業療法士を目指すなって意味じゃないし、理学・作業療法士であることに悲観しろってことでもない。

 現状理学・作業療法士の扱いはこんなもので、社会的地位はこの程度だってことをお伝えしたかっただけだ。それに対してあーだ、こーだご批判される方もいらっしゃるが伝えたい事はそうじゃない。

 この現状を如何に打破するか?が大切であり、それは現在現場で働く理学・作業療法士各々が考えることである。

 で、ボクなりにその現状を打破するために考えられる方法を連々書き連ねているので合わせて読んでいただきたい。

 ボクの提案するキーワードとしては「起業」「副業」「投資」って感じかな。

<

ul>

  • 理学療法士・作業療法士の為の副業での副収入の稼ぎ方とは?
  • 理学・作業療法士の為の小さく安全に開業・起業する方法
  • 起業に躊躇する理学療法士・作業療法士の共通点とは?
  • 理学療法士・作業療法士が起業するための準備とは?
  • 給料に不満のある理学・作業療法士の為の副業・投資必勝法
  • 訪問看護ステーションを開設したい方へ

    662821db9b30bb946a2fedeeda21bc67_s

     訪問看護ステーションを開設したいと思った時に具体的に何をすれば良いか?を詳細に書かれたブログも本もないのが現状だ。

     みんなコツコツ色々情報収集をして実践しているのだ。

     将来的にはKindleで書籍化する予定だが、とりあえずはブログでまとめているのでご参照頂きたい。

    PNFについて

    pnffoundation

     PNFと言えば理学療法士って感じだけど、作業療法士のボクも勉強中。ってか作業療法士こそPNFを学ぶべきだと考えている。

     作業療法に応用できるポイントは多々あるからだ。

     ボクの学習の記録をまとめている。

    ボバースコンセプトについて

    ca89df6bbbcf76e994a23f689790ef1d_s

     ボバースコンセプトについても学んでいる。賛否色々あるだろうが、まず学んでみることが重要だと思う。

     長期の講習会には中々参加できないが、単発の講習会に参加して学んだ内容や、本を読んで学んだ内容をまとめている。

    生活行為向上マネジメントについて

    DSC_0450

     まだまだ始まったばかりの生活行為向上マネジメント。作業療法士だけでなく、その他職種も参入している。

     まだまだ問題点も改善点も山積みだと思うが、少しずつ育てていきたいツールである。

    発達・特別支援教育・小児リハビリテーション関連

    b4a65973c1934138ac6322fa63733510_s

     私の専門は小児の作業療法である。且つ現在小児訪問看護ステーションを立ち上げ準備中ということもあり、小児リハビリテーションと在宅リハビリテーションについてまとめている。

    理学・作業療法学生さんに読んで欲しいエントリー

    c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s

     学生さんにとってネックになる実習と国家試験についてまとめている。

     これを参考にして、優れた理学・作業療法士になってくださることを心より願っている。

    起業を目指す・起業している理学・作業療法士の為のエントリー

    be07ec325ef946d1ff73926c8d591255_s

     ボクは起業することオススメする立場をとっている。何故なら、こんな良い働き方はないと思っているからだ。もちろん、人それぞれ色んな考え方やバックグラウンドがあるから、ボクの意見とそぐわない人もいるだろう。

     でも、もしあなたが起業したいという思いが少しでもあるなら参考になる内容を提供しているつもりなので読んでみて欲しい。

    その他、医療・介護・福祉制度など

    617900368ad5628a7790284e9a3ca221_s

     2年に1回の診療報酬改定、3年に1回の介護報酬改定。6年に1回は同時改定があり、ボク達の業界にとっては非常に大きな騒動となる。

     その情報をいち早くキャッチし、広く広めるお手伝いをするつもりである。

     また、その他上記カテゴリーに入らないような医療関連情報、また全く関係ない情報を雑記として書いているので暇な時にでも読んで頂ければ幸いだ。