訪問看護

うちの子は訪問看護の対象になる?リハビリも受けられるの?

 こんにちは。大阪こどもリハ訪問看護ステーションの中野です。

 本日は、意外と知られていない方が多いので、ご自身のお子様が訪問看護やリハビリの対象になるケースについてお伝えしようと思います。

 ここ数日で何件かのご相談があったので参考になれば幸いです。

訪問看護やリハビリの対象者

 現状訪問看護・リハビリは医療・介護保険制度に基づき実施されています。

 お子様の場合は当然医療保険の対象ということです。

 もし、読者の中に医療保険料を収めておらず健康保険証がない方であっても、必要最低限の医療を受けるための制度は整っておりますので市町村役所にて問い合わせてみてください。

 さて、本題です。

 訪問看護・リハビリの対象ですが、何かしらの病気や障害があり医療を受ける必要のある方なら誰でもが受けられる可能性があります。

 医療保険の自己負担額は2〜3割ですが、市町村によって様々な優遇が受けられます。

 東京都(特別区内)であれば、区が負担してくれる制度がありますし、大阪では小児慢性特定疾患の対象者であれば支援が受けられます。

 大阪市はこどもの医療費を補助してくれる制度(500円/回、1500円/月)がありますが、訪問看護・リハビリはこの制度外であるのが残念なところです。

 訪問看護の制度を用いてリハビリスタッフ(PT・OT・ST)が訪問することも可能です。価格は看護師が訪問する場合もリハビリスタッフが訪問する場合も同じです。

 リハビリスタッフの卒後の主な就職先として小児領域というのは今までとても少なかったのが現状です。近年小児を対象とする訪問看護ステーションや放課後等デイサービスという制度にて就職先の裾野は広がりましたがまだまだ少ないです。

 ですから、小児リハは対応できないとされている事業所も多いですが是非お子様の為に良いサービスを提供してくれそうな事業所さんを探してくださいね。

訪問看護・リハビリを受けるまでの流れ

 地域の基幹病院などにかかっておられる方に関しては病院のソーシャルワーカーなどが情報を教えてくれます。

 ご自宅の近くでお子様に対する訪問看護・リハビリを行っている事業所を教えてくれますので、そちらで問い合わせるところから始まります。

 あるいは現状大きな病院にかかっておらず、かかりつけの病院にもあまり情報がない場合、ご自身で事業所を探してもらう必要があります。

 現状大半のステーションがウェブサイトを持っていますから、必要事項を入力して検索すればお近くの事業所を見つけることは難しくありません。

 ただし、基本的に介護保険ベースで作られている制度ですから、お子様を受け入れている訪問看護事業所はかなり少ないです。

 全体の半数近くは全く受け入れていませんし、常時受け入れ体制が整っているというステーションは全体の1割にも満たないのが現状です。

 また、弊社のようにお子様専属でやっているところはほとんどなく、殆どの事業所ではお子様も高齢者もどちらも受け入れているというところが大半で高い専門性を持つ事業所が少ないのが現状です。

 ですから、事業所選びは慎重に、可能であれば口コミや評判なども調べてみると良いかもしれません。

 事業所をピックアップしたら、具体的な詳細について問い合わせてみてください。お子様の状態や求めることなどをお伝えし、受け入れ可能かどうかの相談を行います。

 可能であれば主治医に『訪問看護指示書』を書いてもらって、処理が終われば訪問看護・リハビリが始められます。

おわりに

 施設でリハビリを受けているけど訪問は大丈夫か?

 別に施設に出向くことが不可能ではないが大丈夫か?

 など色々思うところがあり訪問看護・リハビリ利用に躊躇されている方がいらっしゃいます。

 ですが、もし必要だとお思いであればまずは事業所に問い合わせてみてください。

 事業所側も商売ですから、問合せがあった方に対して訪問できる方法について一生懸命考えてくれるはずです。笑

 もし、訪問看護・リハビリを受けられたら嬉しいなぁとお思いであれば是非問合せてみてください。

 そして、もし大阪市でご検討なら弊社も併せてご検討ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします