卒後教育

英語を読めるようになるブログ100記事読んで始めた勉強法

 こんにちは。作業療法士の中野です。

 今年の目標の1つは1日1英語である。たとえ数分でも毎日英語に触れることが重要かと思いこういう目標を立てた。

 以前、吉備国際大学の京極先生が『英語が苦手な人向けの英語対策』というエントリーを書かれていて、『occupational therapy practice framework: domain & process』を丸暗記するという勉強法を提案されていた。

 丸暗記…、マジかよ…。と躊躇していたが、今年は一念発起して一年かけて頑張ってみようと思っている次第。

 また別の京極先生のエントリーで以下の書籍もオススメされていて、個人的にもすごく興味があるので、この2冊をスラスラ読めるようになることが当面の目標。

 でもまぁ、今まで何度となく英語にトライしようとして挫折してきたボクだから本を買うだけで満足してしまうことが目に見えているので、世の中の人はどうやって勉強をして英語力を獲得していったのか?という事を調べてみることにした。

 で、ここ数日で100記事くらい英語をスラスラ読めるようになるための勉強を指南したブログを読んだので、その共通点に目を止め自身の勉強に繋げようと思っている。

 今回はその共通点を紹介し、ボクが今日から行っていこうと思っている勉強法についてシェアしたいと思う。

100記事読んで見つけた英語をスラスラ読めるようになる為の共通点とは?

 以下、ボクが見つけた共通点である。

  1. 音読する
  2. 文章の中で単語を覚える
  3. 継続すること

 この3つなのだ。

 単語は訳しながらとか、訳さなくて良いとか色んな意見があったけど、個人的には訳しながら読もうと思っている。

 そして大切なのは、「音読する事」と「文章の中で…」という事。

 文章の中で単語を覚えた方が定着率が良いっていう研究結果もあるらしい。ソースは忘れたけど気になる人は探してみて。

 で、音読する上で重要なのはその単語の発音を知ること。

 この発音を知るためにも色んなテクニックや書籍が紹介されていたが、そこまで手をつけ始めると一向に英語の勉強に手がつけられないのでボクはパスすることにした。

 「継続する事」については何かしらスキルを身に付けるためには重要な事は当然だよね。しかも、英語に関しては日本で行きている限り生活の中で遭遇しないので、意識しなければ当然遠ざかる。

 しかし、逆に生活の中に英語を取り込めば、次第に慣れていくのもこれまた当然なので3月くらいまでは大変かもしれないけど、何とか習慣化し継続したいと思っている。

電子書籍が良いでしょう、そりゃ

 訳しながら読む事を考えると電子書籍が便利。単語を選択するだけで辞書機能が起動するのでめっちゃ便利。辞書引いたり、Googleで検索したりする時間を考えるとダントツで電子書籍を用いるのが早い。

 別にどの端末使っても良いけど、軽さや読んでて疲れない点でKindle Paperwhiteが一番良いかなぁと思っている。動きがちょっともさいのが残念なんだけどね。

参考エントリー:人生を良くする為に誰でもできる読書を習慣化する方法とは?

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

※追記(2017.1.8):Kindle Paperwhite で上記書籍を読もうとしたところ対応してない端末とのこと。マジかよ。ってことで英語の勉強でKindle読むならKindle Fireが良い。

 プライム会員なら激安だし、SDカード入れられるから容量多いし、動画も見れるから二台持ちでも良いかもね。

 上で紹介した書籍についても、Kindle版が販売されているので、Kindle版を選ばれることをオススメする。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

 また、冒頭で紹介した『occupational therapy practice framework: domain & process』もKindleへ転送した。PDFファイルなので辞書機能は使えないからPCメインで読むことになると思うけど、紙を持ち歩くより便利。

 ってか今回はじめてPDFをKindleに転送したけどメチャ便利ね。英語は不便だけど日本語の論文や厚労省や府や市の提供している情報を読むのにもメッチャ便利だと思うので、読まずに置いてある文章をじゃんじゃん転送してやった。

他の教材は?

 教材に関しても100記事読めば多種多様、本当に色々紹介されている。

 金儲けの為だけのアフィリエイトリンクやこれは本当に良いもの紹介しているなぁと思うものまで様々。

 で、ボクはやはりKindleだけで勉強できる点やラジオも使って発音が学びやすい点からNHKの英語講座を選んだ。

 NHKの英語講座は色んな種類があるんだけど、この講座は一通りラジオを聞いてみて馴染めそうだったのでこれにした。

 ラジオは一週間分だけはストリーミングで配信されるので、空き時間や移動時間にも取り組めて便利かなぁと思った。しかも安いし。

おわりに

 基本的に家で座学するときに『occupational therapy practice framework: domain & process』をPCで読んで、外出先や移動時間でNHKの教材で学ぶということで始めることにした。

 これが吉と出るか凶と出るかは今年の年末まで取り組んでみなければ分からないよね。

 でも、これならできるかも!と思った人は是非試してみて。コストもそんなにかかんないし。取りあえず無料で読めるPDFファイルと500円程度で変えるNHKのテキスト代くらいならとっつきやすいよね。

 ってことで乞うご期待。ほな、また。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします