医療・介護・福祉

2017年リハ業界の動向を読む!医療介護報酬ダブル改定の行方

 こんにちは。作業療法士の中野です。

 2017年ですなぁ。2017年は医療・介護事業者にとって非常に重要な1年となる。

 ん?ダブル改定は2018年(平成30年)でしょ?って思った人!

 その通り!次のダブル改定は来年である。

 でもね、だから今年が大事なんだよ。もしそんな風に考えられていないとするならば、あなたはこれから生き残れない医療介護従事者なので意識を高めた方が良い。

 来年、ダブル改定があるということは、今年早々にもその格子が見えてくるということ。

 アンテナビンビンにしておかないといけないよって話。

 ってことで、今回はどうやって動向を読んでいくか?についてシェアしたいと思う。

動向は占えない!事実に基づき予測するのだ!

 ボクは診療報酬・介護報酬の専門家ではないから、2018年の改定でこうなる!なんてことを占うことはできない。

 雰囲気でそういう事をいう人はいるが、ボクは基本的にそういう意見を気にしない…というか信用しない。

 だって実際は蓋を開けてみないとわかんないじゃん。

 でも、診療報酬・介護報酬の改定は小出しで情報提供される。

 来年のダブル改定に関して、まだ大きな格子は発表されていないけど、ちょこっとずつこういう話合いがもたれていますよ的な情報は出てきている。

 また介護保険領域では地域包括ケア、医療保険領域では在宅復帰という大きなテーマに基づき改定が行われるので、その大きなテーマを知っておくことで大まかな動向は把握できる。

 既に公表されている情報に基づき、2018年どうなるかを予測していくことが重要なのだ。

情報にアンテナを立てておく!

 医療・介護に関する情報を無料で提供しているサイトは多々ある。

 ボクはその内のいくつかは、ほぼ毎日チェックするようにしている。メルマガ登録しておけばメールで目次を送ってもらえるので特に診療報酬・介護報酬改定に関する内容はチェックするようにしている。

 常に情報にアクセスできるようアンテナを立てるというが重要だし、アンテナ張ってない時でも情報が飛び込んでくるような状況を作っておけばアンテナが立つきっかけになって良い。

 情報にアクセスできるフローを作っておけば大変じゃないのでオススメする。

 ちなみに、ボクがメルマガ登録しているのは以下の3媒体。

 ちなみに、これら3媒体は他と比較して特に良いとか悪いとかではなく、たまたまボクがニュースを見たことがきっかけで登録しているだけなのであしからず。

 他にもfacebookやTwitterでこの手のサイトのアカウントをフォローしているので常に目に留まる環境を作っている。

来年の事は今年のうちに対策を!

 いや、例えばの話ですよ。

 訪問リハの回数制限とか報酬の削減とかがあったとしよう。

 すると、その事業所の売上は来年夏以降ガクンと落ちる可能性もあるってことだよね。

 今までの売上をベースに計算されていた職員の給料だけど、たちまち売上に対する人件費率が上がってしまうことになる。するともちろんボーナスカットだろうし、給料が下がるなんてこともあるかもしれない。

 もしボーナスを当てにしているとか、毎月の給料をギリギリで回してるなって人だったら、たちまちあなた自身のQOLが低下しちゃうでしょ。

 だから今年中に情報を得て、事実に基づき来年を予測する必要がある。

 もし、今年中にある程度予測ができれば、来年早々に転職活動しても間に合う。

 もちろん事業者側も同様で、来年の予測を元に冬のボーナスの額から対策を打てるかもしれないし、採用に関しても対策できる。

 正社員は雇わずにパートを増やすかもしれない。時給よりも件数ベースの給与形態になるかもしれない。雇用から業務委託へしてくれと言われるかもしれない。

 ボク達の働く業界は決して明るい未来ではないかもしれない。だからこそ、自ら情報を得て対策していく必要があるのだ。しかも前もって。

おわりに

 経営者だったらこの手の情報は逐一チェックしているだろう。保険下でサービス提供する一番のリスクが改定だからね。

 で、経営者だったらそれら現状を踏まえた自費サービスの展開も視野に入れておかなければならない。

 改定によってメリットを得られる可能性が低い昨今、売上を伸ばしていくには自費サービスを展開して、あるいは別事業に乗り出して確保するしかない。

 殿様経営ができなくなるこれからの時代、ホント神経すり減らして情報チェックだけは怠ってはいけない。

 そして、現在雇われている側の方については事業所のしわ寄せは間違いなく働く人に押し寄せることを知っておくべきだ。

 だって、人件費しか削れないし。

 雇う側も雇われる側も特に今年の情報には敏感になっておいて欲しいと思う。ってことで今回はここまで。ほな、また。

2018(平成30)年診療・介護報酬同時改定関連ニュースまとめ

 2018年度の診療・介護報酬同時改定に関するニュースは以下のページでまとめているので合わせて参考にして下さい。

まとめを見る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします