雑記

理学・作業療法士・言語聴覚士は各々専門性を追求すべきだ!

 こんにちは。作業療法士の中野です。

 訪問看護の営業に出ていると理学・作業療法士、言語聴覚士の専門性について考える。

 どのように考えるか?

 在宅領域の言語聴覚士は少ない。そして、小児領域のSTも少ない。でも地域はSTを求めている。何故か?ぶっちゃけ無いものねだりというか、レア感というか…。言語聴覚士が地域でできることなんて限られているのに、求めている人がいる。

 多分レア感やな。もはや。ぶっちゃけSTは地域に必要ない。言語聴覚士も自分たちの専門性は病院で活かされると知るべきだ。

 ってことで、今回はボクなりに各リハビリテーション職種の専門性について述べたいと思う。

 かなり乱暴な内容になると思うが、共感頂ければ幸いだ。

理学療法士の専門性

 理学療法士は職人だ。

 障がい者の機能を回復させるなら理学療法士に依頼するのが一番である。

 ボクは最近チーム作りの学習の為に医龍を見ているのだけれど、心臓外科医が脳外科を担当できないし、消化器外科を担当すべきではない。

 理学療法士は機能回復において専門性を発揮すべきだ。特に首から下において。

 首から上は複雑で詳細だから言語聴覚士に任せよう。(これは又言語聴覚士の専門性の部分で述べる)

 上肢が作業療法士の仕事であるという定義やルールは存在しない。作業療法士が扱う分野はスキルであるから、特に手の機能は重要になるのだけれど(人の作業の大部分が手によって賄われているから)、上肢機能、特にリーチや姿勢制御における手の使用に関しては理学療法士が関与すべきだ。

 できればスキルの部分まで。

 作業療法士には『手の外科』なんて分野があるが、『中枢疾患の手』は誰のもんだ?中枢も整形も含めて機能は理学療法士が面倒みるべきだと思う。

 誰かが徒手療法は理学療法士に専門性を譲れ的な話をしたと聞いたが、違うよ。手も機能面においては理学療法士に譲ればいい。

言語聴覚士の専門性

 言語聴覚士も職人だ。

 首から上、特に聞く事と話す事の専門家。聞く事に関しては色んな機能が必要になるが特に聴覚(耳)に関して。話すことに関しては、口腔機能や知的な能力が関与するので、高次脳機能や摂食・呼吸機能も言語聴覚士の範疇だと思う。

 でも、あくまで機能面の話。摂食機能は言語聴覚士の範疇だが、食事は作業療法士の範疇だよ。

作業療法士の専門性

 一番大きな役割はクライアントの人生を如何にハッピーにするか?のデザイナーである。

 高められる機能は理学療法士や言語聴覚士に依頼して、応用できるか?をチェックするのが仕事。

 そして、機能を高めるのは医療の範疇だから病院や外来、つまり医療保険圏内で機能訓練をするのは作業療法士の仕事ではない。理学療法士や言語聴覚士が医療保険の範疇で仕事するのだ。

 じゃあ、作業療法士が医療保険で必要ないかと言えばそうではない。

 医師の補助で(退院時)目標設定を手伝うべきだし、リハ室での機能訓練の効果を生活場面でチェックするのも作業療法士の仕事(だからリハ室勤務ではなく病棟やらADL室の勤務となるべき)。

 そして、その続きで地域連携室の退院支援業務の看護師ではなく作業療法士がつくべきね。看護師なんて人手不足な職種を退院支援なんかで使うべきではない。

 地域支援は作業療法士が一手に担うべき。

 地域ケアシステム上の全ての機関に作業療法士を配置して、病院での目標設定→病棟生活→機能訓練後のADLチェック→退院支援→退院後の在宅支援までを作業療法士同士で連携を取り、他職種のリーダーになるのが専門性を発揮すべき点だろう。

ケアマネだけのケアマネは要らないよ、マジで。

 ケアマネの仕事は重要だ。

 しかし、まだ10数年の資格だよね。作業療法士の怠慢によって生まれた仕事?あるいは介護保険導入に必要な資格だった?

 どうでも良いけど、地域ケア会議でショボい指導を受ける必要があるならさ、免許返納しようぜ。

 あるいはダブルライセンス者に以降しよ。作業療法士×ケアマネが在宅でのケアプラン作成できるみたいな条件にすればいいよね。

 うちの母親は看護師でケアマネ一期生だけど、看護師としてかなりの経験を積んだ後、作業療法士以上に作業療法士のような思考回路を用いて田舎町の介護保険を回していた。

 看護師としての給料の半分程度の給料で時間外でクライアントの生活を一生懸命考えて最終的に燃え尽きちゃったけど、わが町のために貢献した素晴らしい母だと思っている。

 ケアマネジメントとは、それくらい大変な仕事。兼業で作業療法士にやらせていては無理な話。でも医療的な知識のない介護職にもできない仕事なのだ。

 ケアマネの条件を変えよう。医療・介護職の経験5年でできる仕事じゃない。ケアマネは何らかの医療専門職の上級職であるべきで、資格取得条件は作業療法士。って言いたいところだけど現実的じゃないから、医師、看護師、理学・作業療法士、言語聴覚士だな。医師、看護師はケアマネやる余裕があるほど溢れてないからリハ職が専門の教育を受けた上でできるようにならなければいけない仕事だね。

おわりに

 過激な内容書いちゃったねぇ。また、嫌われるかもしれないね。

 でも、これがわからんような奴にフォローされたいとも思わないし、このブログの目的の一つは求人だからこれが分からないような人に来てほしくない。だからちょうど良いかもね。ボクの意見を晒すのも。

 ご存知の通り、ボクのブログは広告を貼っていない。貼ったらそれなりの収益になるくらいのアクセスなんだけど、貼らない。読者のためにならないからだ。

 その分、ボクの思いだけで意見を書ける。ボクの思う世の中にするために。笑

 共感できる人が、協力してほしいな。

 ってことで、今回はここまで。ほな、また。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします