医療・介護・福祉

療法士はモチベーターではない!介護保険のこれからを考える

 こんにちは。作業療法士の中野です。

 ボクは今では忙しすぎてお休み中なのだけれど、サロン経営や起業についてのコンサルティング業務を行っていたことがある。

 作業療法士の仕事とコンサルティング業務は似ているところがある。それはクライアントの人生を良くするという目的であったり、その手段であったりだ。

 そして、またどちらにも共通することがある。それはクライアント自身の努力なくしては目標が達成されないということ。

 一般的にはその必要なものはモチベーションだと言われたりする。

 だから、モチベーションを上げる云々の論争が出てきて、コーチングが流行ったりするのだ。

 しかし、ボクはここに疑問がある。ボクもたかだか30数年の人生だけれども、色々達成したことも少ないがある。もちろん、失敗したことの方が多いけどね。

 で、その少しだけの成功体験を基に出している現時点での結論は『モチベーションなんて目標達成に必要ない』ということだ。

 そういう経験を踏まえて今後の介護保険について考えてみたい。

やる気のない人に介護保険の恩恵を受けさせるべきか?

 ボクはコンサルタントとしても、療法士としてもクライアントのモチベーションを上げることは仕事ではないと思っている。

 コンサルタント業はクライアントとの情報量の差が商品になるし、療法士の場合は情報や技術の差が商品になっている。

 つまり、その情報量や技術の差を商売にしているだけであり、その情報や技術を受けて頑張るというのはクライアントの努力が必要だということだ。

 ボクはモチベーターではない。

 これはクライアントに対してだけでなく、自社のスタッフに対しても、学生に対してもそう思っている。

 そもそもモチベーションが必要な状態は問題だ。物事を成し遂げるのにモチベーションなんて必要ないし、その気があれば何でもできるものだ。

そもそも卒業のない訪問看護やリハなんて介護保険サービスではないはずだ!

 先日、介護保険サービスでのリハビリテーションの卒業に関する意見を書いた。

参考エントリー:自立(介護サービスからの卒業)を目指したリハを強要しても上手くいかないよ

 そもそもクライアントは卒業なんて求めてないから、直球勝負で卒業を目指させても上手くいくわけないって話を書いた。

 でもね。そもそも論なんだけど、ボクは卒業を意識していないクライアントは介護保険サービスの対象にならないんじゃね?って思う。

 だって、介護保険が目指すものってのはそもそも自立なんだから、自立する気がないクライアント(※自立できないじゃなくてする気がないってのがポイントね)に介護保険サービスを受けさせる必要はないでしょうよ。

 例えば歩ける可能性があるのに、歩かない・歩こうとしないクライアントに車椅子のレンタルを介護保険でレンタルさせるのどうよ?って事。

 歩きたくないクライアントをリハで無理矢理歩かせる必要はないとボクは考えている。だが、歩行自立を目指せるレベルのクライアントが歩行したがらない場合、車椅子レンタルは介護保険で出すべきじゃない。だって、それってボクが健常高齢者が歩くの面倒だから電動車いす使いたいってのと一緒だよ。だとしたらセグウェイ買えよって話だろ?

 この例と同じなんだけど、卒業を目指さない訪問リハビリテーションは介護保険でやるべきじゃない。自費でやってくださいですよ。

国が金を出すべきは絶対必要な援助と自立支援

 現状、生活保護受給のハードルは、以前と比べて随分高くなったと聞く。本当に援助が必要なレベルかどうかを担当職員も本気で調査するようになったのだ。

 弱者を救う。これは国家の重要な役割だ。弱者をどう判定するか?というのは永遠の命題だと思うが、何らかの原因があり、現状弱者に甘んじているが、今後自立を目指すというのは援助をする最低条件だろう。

 介護保険も然りである。ただ死を待ち望む人に介護保険サービスが必要なのだろうか。

批判を恐れず言っちゃうよ…

 安楽死…。これを認めるしかないんじゃないだろうか。

 『自立する気がない≠生きる気力がない』だとは思わない。もちろんですよ。

 だが、『自立する気がない=介護保険サービスを受ける権利はない』は絶対だ。

 介護保険サービスを受けていても、介護疲れに悩む家族による犯罪は右肩上がりに増えている。本人は死にたい、家族は死んで欲しい、この想いを叶えるのは介護保険じゃないでしょうよ。

 安楽死を認めること、生活保護を健全運営すること、これらは資本主義社会を健全に成り立たせる手段ではないだろうか。

おわりに

 最後は少し話が飛躍してしまったが、この辺まで考えてボクは介護保険系サービス提供者は、サービス利用者のモチベーション管理は仕事じゃないし、もしやりたいならボランティアで時間外でやってくださいよって思う。

 最近『ヤメゴク』ってドラマをhuluで見た。税金で動いている警察がヤクザを止めさせる為の部署を運用するのっていうのが問題にしていた。

 これって自立する気のない利用者を税金でサービス受けさせるのってどうよ?って話と一緒だよね。

 ボクはその気のないクライアントにサービスを提供する必要はまったくないと思う。その変わり安楽死は安価でさせてあげれば良いと思う。もちろん自宅で。病床をそんなことで使えないからね。

 安楽死云々はひとまず置いておいたとしても、取り敢えず理学・作業療法士は自立を目指さないクライアントに関わるべきじゃないんじゃないって事が言いたかっただけです。

 ってことで、今回はここまで。ほな、また。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします