起業・経営

理学・作業療法士の為のセルフマネジメント入門

 こんにちは。作業療法士の中野です。

 ボクは自分の人生を自分で舵取りしたいタイプの人間なので、自分で決めて実行したい。

 人生の全てにおいて他人に邪魔されることは、この上ないストレスである。

 今の生活は全て自分で決められる。そういう意味では自由だが、その自由と引き換えに責任を負っている。

 自分を律するという責任だ。その責任を果たさなければ自分も家族も守れない。

 自分を律する。つまりセルフマネジメントするってことなんだけど、ボクのように自分の人生は自分で舵取りしたいってタイプの人が、その想いを現実にさせるためには同じようにセルフマネジメントできなければならない。

 しかし、セルフマネジメントって何をどうやって良いのか分からないって人も多いようなので、今回はセルフマネジメントの始めの一歩の内容についてシェアしたいと思う。

Time is Money(時は金なり)

 Time is Money.

 これは本質的な事象の一つだと思う。

 Moneyというのは別に金銭的価値のことだけではなく、人生における価値の事を指している。時間とは、人生における価値だという教訓。それくらい大切なものだということ。

 何故そんなに時間が大切なのか。結果は行動に基づき、行動は時間の上に成り立つ。

 「時間がない!」って人が多いように、何かしらの行動をするためには、その行動を起こすための時間が必要だ。ま、当たり前の話。

 で、その時間を必要な行動に当てることができれば、その行動なりの結果が出る。逆に行動の為の時間を確保しなければ結果は得られない。これもまた当たり前の話。

 だから、何が言いたいかってことは、自由に自分の人生をデザインしたければ自分の生きている時間の管理が最重要で、一番最初に行うべきことだということ。

タイムマネジメントの方法

 ではどのように時間管理をすれば良いか。

 目標(求める結果)を決めて、行うべき行動の種類と量を決める。それをタイムスケジュール上にプロップする。それだけ。

 これはクライアントに対する治療計画を立てるのと一緒の要領。

 そこでタイムマネジメントできない人はいう。「時間がない」。うちの嫁さんもよく言ってる。でも、それが普通。流されて人生を歩むならそれで良いし、それが悪いことじゃないとボクは知っている。世の中がみんなボクのような人間だったら上手く行かない。

 でも、流れに逆らって自分で舵を取りたいなら「時間がない」は禁句である。

 時間は作るもの。時間がないならタバコ吸うな、酒飲むな、必要以上飯食うな、寝るなって話。

 もちろん目標を最優先にすべきだけど、これらの制限を行って体調を崩しては元も子もない。体調管理も併せて重要だ。

ヘルスマネジメントの方法

 持病がある人は定期的に検査を受けよう。最低でも年に1回は健康診断を受けよう。数年に一度は人間ドックに入りましょう。

 後は日々の節制。バランスのいい食事と適度な運動と睡眠。これらも含めてタイムマネジメントを行うことがヘルスマネジメントに繋がるだろう。

おわりに

 ボクもそうなんだけど、ヘルスマネジメントをないがしろにしがちだ。それは言ってもまだ若いから何とかなっているだけの話だよね。もう数年後にはどうなるかわからない。

 だから、ヘルスマネジメントも併せて重要。

 タイムマネジメントとヘルスマネジメントを両輪に据える事がセルフマネジメントの土台となるだろう。

 あなたもまずタイムマネジメントから始めてみて欲しい。

 ってことで、今日はここまで。ほな、また。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします