訪問看護・リハ

特に訪問に従事する療法士は身だしなみや臭いに気をつけて!

 こんにちは。作業療法士の中野です。

 先日ある研修会に参加してとても不快な気持ちになった。

 グループワークを行う時に、隣になった参加者が缶コーヒーとタバコのくさ〜い臭いを発していたからだ。

 彼は見た目もだらしなく、おじさんだったんだけど年齢以上におじさんに見えた。

 彼がボクの家に訪問に来たとしたら、玄関口で「チェンジ」と言ってしまうだろう…。

 今回はそういうセラピーとは一見関係ないけど、めちゃめちゃ大事な事についてシェアしたいと思う。

身だしなみの乱れはココロの乱れ

 別に研修会に参加するのに、オシャレしてくる必要はないと思うし、講師や運営スタッフでないならスーツなど着用する必要は全く無いとボクは考えている。

 でも、最低限社会人としてのマナーってあると思う。

 臭いや髪の乱れ、髭や鼻毛が出ていないか?程度はチェックして欲しいし、常時気をつけておいて欲しい。

 これらって最低限のことで、きっとコレが出来ていない人って靴をきちんと揃えることが出来ないし、部屋の片付けもできないんだと思う。

 もちろん、これは想像の話だけど、そういう人が多いんじゃないかな。そして、そういう人はそもそも心が乱れている。

 いや、仮にそうでなかったとしても、そういう印象を相手に与える可能性があるって事。

 世の中には机の上が汚くても仕事ができて有能な人は存在しているが、その人達の多くは天才であり、変人なので凡人のボク達がそれを良い訳に汚い机で仕事をしても効率は間違いなく下がる。

 靴は揃える、シャツはしっかり入れる、寝癖は直す、鼻毛は切る。こういう最低限の身だしなみは特に利用者さんのご自宅へ伺う立場としては最低限守っておきたいマナーである。

勤務中は禁煙、珈琲飲んだらガム噛むかうがいしろ!

 喫煙後の臭いというのは結構残るもの。喫煙者は気付かないと思うけど、非喫煙者からしたら非常に不快な香りが漂っている。

 副流煙云々の問題もあるが、ボクが一番イヤなのが臭い。

 だから、分煙がきちんとされていないファミレスや喫茶店には極力行かないようにしている。禁煙席に座っていても服に臭いがつくからだ。

 それくらいタバコの香りってのは強烈だってこと。勤務時間中くらいは禁煙した方が良いね。

 そして珈琲。

 コンビニやスタバの珈琲で臭いが強烈に残るってことは無いが、缶コーヒーの臭いは意外に強烈。

 タバコと違って長時間残るもんじゃないけど、飲んだあとはうがいするかガムかフリスクを食べた方が良いと思う。

 それくらい気になる人には気になるし、それだけで嫌われる可能性は充分あることを知っておくべきだ。

おわりに

 もちろん、身だしなみや臭いに気をつけるべきは訪問系の療法士に限らず全ての療法士に言えること。

 ただ訪問に限っては、ご自宅へ伺うという事を考えると特に注意してほしい。

 ご自宅へ伺うというのはそれくらいの配慮を持つべきなのだ。百貨店の外商が身だしなみが整っていないわけないし、臭いわけない。

 新聞屋の集金のおっちゃんではいけない。

 ってことで、今回はここまで。ほな、また。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします