3学会合同呼吸療法認定士

3学会合同呼吸療法認定士の「申込,講習会,試験」関連まとめ

 こんにちは。作業療法士の中野です。

 本日は、3学会合同呼吸療法認定士を取得したい、目指してみようと思った人が最初に読むべきエントリーを作ってみた。

 ボクは、何の準備もせずに、受講し試験を受けることになったがために色々苦労した。

 このエントリーを読んで、しっかりと準備をして取り組んで下されば幸いだ。

 内容はカテゴリー「3学会合同呼吸療法認定士」とも被るが、順を追って解説しているので分かりやすいと思う。

3学会合同呼吸療法認定士とは?

 3学会合同呼吸療法認定士は、日本胸部外科学会、日本呼吸器学会、日本麻酔科学会の3学会が合同で呼吸療法のスペシャリストを資格認定するシステムである。

 アメリカのように、認定されたからといって診療報酬などに影響はないし、医師でない受講対象職種が医療行為が可能になるわけではない。

 だが、最低限呼吸障害のある患者に関わる際には知っておくべき内容だと思うし、この内容を知っておくことでコミュニケーションが円滑になると考えられる。

 目的は以下のように記載されている。

 3学会合同呼吸療法認定士認定委員会が創設した「3学会合同呼吸療法認定士」認定制度は、臨床工学技士、看護師、准看護師、理学療法士の中で、それぞれの職種において呼吸療法を習熟し、呼吸管理を行う医療チームの構成要員を養成し、かつそのレベルの向上を図ることなどを目的とする。

 講習会を受けて感じたのは、医師の言うことを理解して、何故医師はこのような処方、治療法を選択しているのか?を理解できるようになり、チームとして患者の呼吸を管理、治療していけるようになるためというのは分かった。

 詳細は医療機器センターの「3学会合同呼吸療法認定士」認定制度のページを読んでみて欲しい。尚、受講に関する情報や必要書類のダウンロードもこのページから行うので受講希望者はブックマークに加えておくと良いだろう。

受講申込み

30f5efb130aefddd69827f8819a58693_s

 前項でも解説した通り、3学会合同呼吸療法認定士を取得しようと思うとまずは認定講習会に参加する必要がある。

 講習会は年に1回、毎年8〜9月に2日間×4クールに行われる。2016年は8月26(金)〜27日(土)、28(日)〜29日(月)、30(火)〜31日(水)、9月1(木)〜2日(金)で開催された。

 定員は4800名なので、各クール1200名ずつだ。

 多くの職種が参加するので、申込は申し込み開始日の申し込み開始時間(午前8時)から約10分程度でいっぱいになっている様子である。

 早い人は1時間前から並んでいるようなので、認定士を取得したい人は覚悟して申し込もう。

関連記事を読む

目次へ戻る

講習会受講

DSC_0820

 講習会の内容はかなりハイレベルである。ボクは療法士としてブランクがあるからもっと勉強すべきだったのかなぁと少し悲観になっていたが、同じ日に参加した知り合いの理学療法士2人もチンプンカンプンって言ってたのでボクに限ったことではない。

 かなりハイレベルで理解は苦しいと思うが、少しでも理解を深めるためには間違いなく予習していくべきだろう。

 講習会テキストは約2週間前に到着するように発送されているので、絶対に予習して望むべきである。

関連記事を読む

目次へ戻る

講習会の内容(予習や試験範囲の確認)

text

 講習会の内容やテキストは全く順序だっておらず、講師のお医者様もテキストに沿ってる部分とそうでない部分を織り交ぜてお話されるので、かなり頭が混乱する。

 だから、講習会で離される内容、テキストの内容をシンプルにまとめてみた。

 上の図がそれである。もちろん、項目だけをピックアップしただけだが、講習会の予習や、試験勉強でどこから手を付けていいか分からないという人には参考になるだろう。

関連記事を読む

目次へ戻る

試験勉強の方法

23017dcc6d022eb539aad69a9933d766_s

 さて、講習会が終わったら後は勉強あるのみ。

 8月下旬〜9月にかけて講習会を受講、9月末が試験申込の締め切りだ。

 講習会を受講した年を含めて3年間は試験を受けられるので、その年に受けるかどうかはあなた次第。

 まずは試験勉強をはじめてから判断してはどうだろうか。

関連記事を読む

目次へ戻る

短期間で合格する方法

e04b2d5bc579e598f14c1694cfb2a9a5_s

 もちろん、計画的に勉強出来たほうが良い。でも、中々計画的に勉強するのは難しいのが現状。

 こちらでは、短期間で合格する方法も紹介している。

関連記事を読む

目次へ戻る

試験勉強をする上での参考エントリー

 以下、ボクが試験勉強をしていく中で気付いた基本事項をまとめていく。

 テキストの内容をシンプルに理解するのに役立てて頂ければ幸いだ。

 この項目に関しては試験勉強中、随時更新していくのでたまに見に来てもらえたら幸いだ。

呼吸とは何か?呼吸の定義、分類、プロセスについて

8fa0b6c73b24a453e46af374a6022390_s

 呼吸とは何か?というところから、呼吸がどのように起こっているかについてまで、基礎の基礎を簡潔にまとめた。

記事を読む

目次へ戻る

呼吸はどのように起こる?解剖・運動・生理学的基礎について

5ee490cfe712f3d03691b66295612536_s

 呼吸を可能にさせている人体のメカニズムの基礎である解剖・運動・生理学についてまとめた。

記事を読む

目次へ戻る

3学会合同呼吸療法認定士試験に毎年出題!呼吸療法の歴史

 歴史については毎年一問は出題されている。呼吸療法の歴史を俯瞰し、今を学ぶには過去の情報も知っておくべきだと自分でまとめてみてそう思った。

記事を読む

目次へ戻る

呼吸の異常(呼吸障害)とは何か?呼吸不全について

e18814b2ea1f5fb41202836aa3925de3_s

 呼吸の異常についてシンプルにまとめるとこうなる。異常を理解するから治療できるわけなのでしっかり抑えておきたい。

記事を読む

目次へ戻る

3学会合同呼吸療法士認定試験に必ず出る感染症の基本

26f6e9af29a08e53094e54105733b6fd_s

 感染症については暗記が中心になるけど、制度を理解しておくことは重要かと思う。

記事を読む

目次へ戻る

理学・作業療法士が知っておくべき呼吸における血液ガスの事

2feb18fff993999c7c286f3531408607_s

 血液ガスに関しては、そもそも何やねん!って所からややこしい記号や単位が連発するので本当に理解に苦しむ。

 このエントリーの内容を知っておくだけでも概要はつかめると思う。

記事を読む

目次へ戻る

理学・作業療法士が知っておくべき呼吸不全を起こす病態

3c2101d374c4295dc712c680a44321dc_s

 呼吸不全を引き起こす疾患は多岐にわたるが、10の疾患の基本についてまとめた。

記事を見る

目次へ戻る

おわりに

 いかがだっただろうか。

 呼吸療法認定士に関するブログやサイトは色々あるが、一番充実した内容になることを目指した。

 是非、お知り合いにも教えて挙げて欲しい。

 ってことで、今回はここまで。ほな、また。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします