3学会合同呼吸療法認定士

3学会合同呼吸療法認定士の予習や試験勉強の範囲について

 こんにちは。作業療法士の中野です。

 本日の空き時間で3学会合同呼吸療法認定士の試験勉強の何をしようかと思ったのだけど、まず試験範囲を網羅してみようと思った。

 理由は、まず自分がどこを勉強すべきか?が分かっていないから。

 どこから手を付けていいか分からないし、無闇矢鱈にテキストを読んでも効率的でないと思ったからだ。

 今回の講習会があまりに理解できなかった理由は、もちろんボクの知識不足や講師の愛情のなさにもあると思うんだけど、2日の流れがめちゃくちゃで一貫性がないことだと思った。

 これはテキストも同じで、関連のある項目をまとめるとか全くしていない。

 小学生の夏休みの宿題と一緒で、あまりに莫大な範囲であるから、踏み出すのにパワーが必要なのだ。だから、ボクはまずその莫大な範囲をコンパクトにまとめる所からはじめてみた。

 すると、以外とコンパクトにまとまって、これはこれから試験勉強する人や、また来年以降受講する方の予習の手助けになるのではないかと思ったのでシェアしようと思う。

テキストの範囲をまとめたよ

text

 まず勉強すべきは呼吸とは何ぞや?って部分。ここは講義でも取り上げられなかった。来年以降どうかは分からないけど、恐らくこういう基本的な部分は来年以降もやらないと思う。(※ちなみに、一番時間が割かれていたのが人工呼吸関連の内容だ。恐らくこの割合は来年以降も変わらないだろうと思う。)

 試験勉強するにしても、予習するにしてもまずこの基本を抑えておかなければ始まらない。

 呼吸とはそもそも何なのか。呼吸はどのようにして起こっているのか。である。

 そして、こんな風にまとめたら、勉強すべき内容やそのプロセスが見えてきたので紹介する。

3学会合同呼吸療法認定士の試験勉強の範囲とプロセス

 先程も述べたようにまずやるべきは呼吸の基本について。そして、その呼吸が上手くいかなくなる状況とはどんな状況か?つまり、呼吸不全について。その呼吸不全に対してボク達はどのように対応すべきか?つまり呼吸療法について。

 この3つが大きな柱になっている。

 そして、その呼吸不全はどのような原因で発生するか?患者の状態をどのように呼吸不全と診断するか?などの検査についてがその次のプロセスとなるし、あるいは呼吸不全によって起こってくる合併症を知っていく必要がある。

 後は、それらを一貫性のある知識として網羅することかな。

 例えば、COPDの人にはどういう呼吸不全が起こって、どういう治療が有効で、どういう事が禁忌で、増悪する原因は〇〇。みたいに呼吸の基本から、呼吸不全の種類とその合併症、そして治療選択までを一貫性のある形で理解していくことと言える。

 なので、勉強のプロセスとしては以下のようになるんじゃないかな。

  1. 呼吸の基本について
  2. 呼吸不全について
  3. 呼吸療法について
  4. 呼吸不全を起こす原因について
  5. 呼吸不全の為の検査について
  6. 呼吸不全に伴う合併症について
  7. 臨床の流れに沿った知識

 ここまでできて、最後にその他の部分「新生児の呼吸療法」と「在宅酸素療法」についてを勉強すると良いんじゃないかな。

 ボクにとっては、その他の2つが非常に重要なんだけど、多くの方にとってはそうじゃないと思うのでこんな感じがよろしいかと。

おわりに

 講習初日の午前中でパニックを起こし、もはや試験を受ける可能性なんて無かったわけだけどこうやってシンプルにまとめてみると、意外にいけるかも?なんて思えてしまうからびっくりだ。

 もちろん、この図ほど簡単じゃないことは分かっているけど、無闇矢鱈に取り組むんじゃなくてどのように取り組むかの計画を立てる所が重要。これは普段の臨床と一緒だよね。

 千里の道も一歩から。まず呼吸についてマスターしてみたいと思う。

 そして、勉強のポイント!とまでは言えないかもしれないけど、ボクが大切にしているのは、複雑なことほどシンプルに考えるということ。

 最初の呼吸とは?なんて考え始めたら何日も考えられるほどのテーマだけど、ある程度まとまった知識を得たら、その知識を如何にシンプルにして覚えるか?ってのが重要だと思っている。

 ま、合わせて参考にしてもらえたらと思う。今後、このブログで紹介するのはボクが学んでシンプルにしたものなのでヒントにはなるけど、充分ではない内容なのでその辺も考慮して頂ければと。

 ってことで、今回はここまで。ほな、また。

追伸…3学会合同呼吸療法認定士の受講志望者、受験準備中の方は必見

 3学会合同呼吸療法認定士を受けようと思った人がまず読むべきエントリーとして、関連記事をまとめているので良かったら併せて読んでみて欲しい。

参考エントリー:3学会合同呼吸療法認定士の「申込,講習会,試験」関連まとめ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします