雑記

理学療法士の小川克己氏、自民党公認で参院選比例区出馬に思う事

速報!小川かつみ氏当選されました!

 小川かつみ氏当選されましたのでご報告しておきます。

参考エントリー:理学療法士の小川かつみ氏当選!今後の活躍を期待します

 こんにちは。作業療法士の中野です。

 餅は餅屋…。あなたはこの言葉についてどう思うだろうか?

 ボクは比較的色んな事に興味を持って、餅は餅屋と思いながらも、自分も餅屋になってやろうと企むタイプだ。

 だからこそ、ボクは作業療法士としても仕事をし、整体院の施術者もし、経営者もし、マーケッターもやれば、コラムニストもやる。でも、流石にそれ以上興味を増やすと時間がなくなるので、Web制作やらデザインは素人レベルで止まったままだ。

 そして今回の参院選を見ていて、政治活動も餅屋に任したほうが良いなぁと感じたので、軽くボクの意見をシェアしようと思う。

政治とは何か?プロの政治家とは何か?

 政治とは何か?なんて大きなテーマを考え始めたらキリがない。ここでは国、都道府県、市町村におけるものとしよう。

 大辞泉では「主権者が、領土・人民を治めること。」「ある社会の対立や利害を調整して社会全体を統合するとともに、社会の意思決定を行い、これを実現する作用。」としている。

 日本の政治は民主主義であるから、どちらかと言えば後者のイメージ。ナチス時代のドイツや北朝鮮、中国なんかは前者のイメージ。

 また広辞苑では「人間集団における秩序の形成と解体をめぐって、人が他者に対して、また他者と共に行う営み。」「権力・政策・支配・自治にかかわる現象。」としている。

 国や都道府県、市町村の「対立や利害を調整して社会全体を統合するとともに、社会の意思決定を行い、これを実現する作用」と言えるし、「集団の秩序の形成と解体をめぐって、人が他者に対して、また他社と共に行う営み」とも言える。

 ここでは国、都道府県、市町村という枠組みを作ったが、集団があれば政治は起こる。例えば家族にも政治はある。あなたの家庭の権力者は誰か?

 ヒエラルキーが形成されている家族もあるだろう、独裁国家を形成している家族もあるだろう。民主主義でみんな仲良しな家族もあれば、女系家族で女子の身分は高いが男が一人のパパだけ奴隷扱いなんて家族もあるかもしれない。

 もちろん家族だけでなく、職場、自治会なども政治の場だし、理学・作業療法士協会も政治の場。だから、副会長の小川氏は政治力があるか?

 そうなるとまた別問題になってくる。政治力、政治のプロというとやはり国や都道府県、市町村の自治・運営に携わり思いを形にできる実行力のある人だと言える。

 政治を学ぶなら、政治家の秘書や事務所職員なんかをする必要があるかもしれないし、あるいは独学でも選挙を上手く乗り越えればまずは市町村議会議員くらいからのし上がっていくという方法もあるかもしれない。

 そういうプロセスを経ることで政治のプロとして生きていけるのだと思う。知名度だけの芸能人や親の地盤を継いだ七光議員はプロではない。

 ボクは政治のプロに投票したいし、プロと呼べる人の為なら支援もしたいと思う。

小川氏は政治のプロではない

 誰でも最初は新人である。最初からプロであれというのは酷な話だろう。しかし、選挙は新人もプロも横並びで「よーいどん」だ。

 比例区においては名簿の順番にもよるから党の力も左右する。その点から考えれば日本で一番票を集める自民党に公認を得たのは業界の人として尊敬するし、素晴らしいことだと思う。

 じゃあ、自民党は小川氏の政治力を見込んで公認したのか?

 わかんないけどバックにいる10万人の会員、OT・ST協会を合わせたら20万人近くになる会員に目が向いたんじゃないかな?

 その証拠に小川氏のオフィシャルサイトを見ても、数値目標なんてものは全くなく、具体的政策すらない。

 各都道府県士会を頼りながら毎日精力的に活動はされているものの、具体的な活動報告は見当たらない。つまり、限られた時間・限られた場所に行かなければ小川氏の頭の中が見えてこない。

 そして何より残念なのが、自民党に公認を受けているものの参謀的な人は居ないんだろうな。活動がずさんな気がしてならない。facebookページは立ち上げているけどTwitterはやってないし…LINE@もやってなさそう。ボクからしたらずさんでしかない。

群馬県で民進党公認の作業療法士、堀越けいにん氏は目を覆いたくなるレベル

 えーっと、ちょっと作業療法士だって書かないで頂けますか?

 作業療法士の広告にはなりません。どちらかと言えばマイナスです。

 協会や連盟から何の音沙汰もないのは知らないからなのか、知っていても目を背けているのかは知らない…。

餅は餅屋

 政治は政治家にまかせましょうよ。いや、理学・作業療法士として出馬しても良いと思うんだけど、だとしたらもっと政治の事、選挙活動のこと勉強してからやりましょうよ。

 政治家になるだけが政治の手段ではない。政治家と繋がるってのも一つの手段。連盟はそういう活動してるんでしょ?だとしたらもっと連盟を盛り上げるとかさ…。

 ちょっと今回の参院選に出馬しているお二人は到底政治家とは言えない。

おわりに

 こういう事書くとだったらお前が出ろとかって批判をする人がいるけど、それはお門違いも甚だしい。

 ボクはボクで、業界が良くなる活動をしている。政治家になるってのが最善であればそうするが、そうしていないのは最善じゃないからだよ。

 餅は餅屋。ボクはボクのやり方、得意分野で社会貢献しますし、業界にイノベーションをもたらしますから。

 またTwitterで、批判するならその候補者が当選したて、その活動を見て批判しろみたいな意見もあったけどそれも違う。力のない政治家を国会に送り込むなんて税金の無駄遣い以外何者でもない。だから、選挙活動では候補者を批判することも許されている。

 あ、そしてボクはお二人を批判しているわけではない。活動がずさんだし、下手すぎるといっているだけ。そして、ボクの思いを実現してくれそうだとは到底思えない。ボクの清き、貴重な一票は(少なくとも比例区の小川氏には投票できる権利はあるが)ボクの思う活動をしてくれそうな人に投票する。

 ボクはもう投票する人を決めているが、ここでは比例区の候補者を党ごとに一覧にしてくれていて、オフィシャルサイトやSNSもリンクしてくれているので調べやすいよ。

 ちゃんとこういうの見て、本当に自分が暮らしやすい、仕事しやすい環境の為に動いてくれる人はだれか?実現可能性の高い数値目標を掲げているのは誰か?を知らないとダメだよね。

 確かにたかだか一票では変わらない。だけど、本気で変えたないならあなたがその一票を選んだ理由を周囲に伝えてみようよ。有権者には選挙活動が認められているのだから。

 某宗教の信者さん達が、某政党の候補者さん達を積極的に応援されているでしょ?あれくらい積極的に良くしてくれそうな人を応援してみませんか?

 政治に参加するってのは何も政治家になるってだけが手段じゃない。有能な候補者を担ぎ応援することも立派な政治参加だ。是非、読者さんにも政治に参加してもらいたいと思う。

 ってことで、今回はここまで。ほな、また。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします