評価と治療

PNFにおける頭頸部パターンの種類・方法・注意点など

 こんにちは。作業療法士の中野です。

 本日は頭頸部のパターンについて復習した内容をまとめたいと思う。

頭頸部パターン解説に当たり基本事項

 頭部と頸部はそれぞれ連動して動く。

 頭部(上位頚椎)の運動を「short neck」、頸部(下位頚椎から第4胸椎)の動きを「long neck」と言われたりする。

 頭部は姿勢コントロールにおいて重要で、頸部はその頭部を体幹上で安定させるために重要で、人間の運動発達を考えても、頸部から安定性を作っていく。

頭頸部パターンを用いる理由

 頭頸部パターンは以下のような目的で用いる事ができる。

  • 体幹安定性と可動性の改善
  • 腹筋への刺激
  • 頚椎・胸椎の可動性の改善
  • 頸部・上部体幹の過緊張の抑制(リラクゼーション)
  • 頭頚部痛の除去

頭頸部パターンのバリエーション

 頭頸部の運動は以下の3つの運動方向でパターンが構成されている。

  1. 屈曲ー伸展(矢状面上の運動)
  2. 回旋(水平面上の運動)
  3. 側屈(前額面上の運動)

 バリエーションは以下の2種類。

  • 屈曲(左・右):屈曲、側屈、回旋を伴った運動
  • 伸展(右・左):伸展、側屈、回旋を伴った運動

 左屈曲ー右伸展、右屈曲ー左伸展が対角線上で対応している形である。

頭頸部パターンの方法

 以下に頭頸部の2つのパターンについて解説する。

shoulder_1

1.屈曲(左)

開始肢位 右への伸展方向へエロンゲーション
マニュアルコンタクト 近位グリップ:頭頂 遠位グリップ:顎
遠位部の運動 short neckの動き。頷き運動
バーバルコマンド 開始時:左の鎖骨を見るように顎を引いて頷いて。 運動時:左の股関節を見るように首を曲げて!

2.伸展(右)

開始肢位 左の屈曲方向へエロンゲーション
マニュアルコンタクト 近位グリップ:頭頂 遠位グリップ:顎
遠位部の運動 上位頚椎の伸展
バーバルコマンド 開始時:右の耳を肩に近寄せて。 運動時:右の後ろを見るように首を反らして!

おわりに

 脳卒中の急性期に置いてもまず最初にトライしていくべきが頭頸部の安定性である。

 また、臥位だけでなく、座位、立位でも、あるいは実際のADL場面でも頭頸部のパターンを意識して治療することは可能だ。

 是非ともマスターして頂ければ幸いだ。

その他PNF関連エントリー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします