雑記

給料に不満のある理学・作業療法士の為の副業・投資必勝法

 こんにちは。作業療法士の中野です。

 当ブログへお越しになる読者さんのナンバーワン検索ワードが「理学療法士 給料」そして、「作業療法士 給料」なのだ。

 で、見ていただいているエントリーが『夢見る新卒理学療法士・作業療法士に告ぐ!残念ながらあなた方は負け組決定なのだ!』だ。

 当ブログは2015年3月に始めていて、前出のエントリーは4月に書いているから、開設1ヵ月で人気ナンバー1のエントリーを書いてしまったことになる。笑 ま、ボク自身このエントリーが当たらなければここまでこのブログを継続していたか分からないからありがたいことだ。

 でもね、それだけ給料に不安がある、あるいは不満のある理学・作業療法士が多いんだなぁと思う次第。

 でね、今回は給料に不満のある療法士に向けてどうやって生きていけば良いか?っていうアドバイスを書きたいと思う。

雇われ療法士として稼ぐには限界がある

 森ノ宮病院の名誉副院長であられる紀伊RPTはかなり稼いでいらっしゃるだろう。

参考エントリー:森ノ宮病院名誉副院長の理学療法士「紀伊克昌先生」はここがスゴイ!

 故・今川忠男RPTも旭川児童院の副施設長を勤めていらして、それなりに稼いでいらっしゃったと思う。

参考エントリー:故・今川忠男氏に捧ぐ!小児リハ従事者が読むべき書籍

 他にもそれなりに稼いでいる理学・作業療法士はいるだろう。

 でも、平均すると前出のエントリーにある通り。

参考エントリー:夢見る新卒理学療法士・作業療法士に告ぐ!残念ながらあなた方は負け組決定なのだ!

 ま、雇われている理学・作業療法士が稼ぐってのには限界がある。その道の第一線にいても限界があると思うよ。

 だとしたら、ボクなら稼ぎ口と仕事口を変えるかなぁって話。

雇われ療法士として働きながら、副業・投資で年収500万稼ぐ話

 現状の年収がいくらか?にもよるけど、まぁ350万円と仮定するなら、別で150万円稼げば500万になるわけね。

 ボクは副業や投資で、自分の希望年収が獲得できるなら、起業とかフリーランスとかってリスクになるし止めた方が良いと思う。ボクのような変わり者で、上司との関係性が上手く築けないような人間は起業したほうがメチャメチャ楽だけど、普通の人はそうじゃない。

 自分の希望年収が1000万円未満の人たちは、副業や投資で希望の年収を目指すのも悪く無いだろう。

 で、副業って言っても療法士として、あるいは別職種でもバイトとかしちゃったら自由な時間が無くなっちゃうので、それでは疲弊する。

 そして、投資と言ってもいきなり150万もの金額を稼ぐ為にはそれなりのタネ銭が必要となる。

 では、どうするか。

 ここでは、一つのモデルを書きたいと思う。

年収350万円の療法士が年収500万円になるプロセス

 まずは、投資をはじめよう。

 投資とは何か?ざっくり言うと、何かしらのリスクを背負ってお金を殖やす取り組みである。リスクって言っても大小あって、基本的には安全策をとっていった方が良い。ボクも一度リスクの高い投資案件に手を出したが一晩で15万損した。笑

 多くの方が知らずに投資している。それは銀行預金である。預金した金額に応じて金利が付く。これが一番基本的な投資の形だ。

 日本の銀行へ現金を預金することは大きなリスクこそなかれ、リターンはびっくりするほど小さい。現状年間で0.02%ほどである。あ、そういえばマイナス金利とかなってもっと減ってるのかな?ボクは日本の銀行預金なんて殆どないから知らない。それでもバブルの頃はかなりの金利がついたみたいだけどね。

 ボクは預金は基本的に海外の口座に預金している。(もちろん堂々と言える口座だよw)

 日本の銀行においておくべきは3ヵ月収入がなくても生きていけるだけの金額程度でOK。あとはの余剰資金は海外口座に預金すると良いね。

 もちろん、それだけでは年収150万にはならない。だから、他の手段もいる。

 副業してタネ銭作って、投資に回すっていう仕組みを作ったら、とても強い。だから、タネ銭作りの為の副業をどうするか?が大切。

 副業は、何かしら持続的な権利収入を得られるものがベスト。あ、でも、ネットワークビジネスとか成功率低いから止めた方が良いと思うよ。療法士で流行ってるセミナー系も微妙。実力ないやつがやっても大した収入にはならないだろうし。

 ボクは、ブログで収入を得ているけど、それも最近は向き不向きってあるんだろうなって思うからオススメもしない。だから、特段何が良いってわけじゃないけど、時給で働く仕事は止めた方が良い。

 何かしらあなたにあった権利収入的な収入が得られる副業が良いと思うよ。ボクにとってはそれがブログだった。もちろんブログも最初は副業的に始めたわけじゃなくて、始めたらかなり読まれるようになって収入になるようになったって話だから欲深くやっても上手く行かないってのはブログ講座でも伝えたとおり。

 もちろん、若い間なら権利的な収入でなくても良い。月に5万円稼げる副業を見つけたら年間60万だし、その60万を元に運用し始めたら老後の生活は安心できると思うよ。

おわりに

 お金って資本主義社会で生きていくうえではやっぱり大事。

 お金なんて二の次っていう人もいるけど、それは一定以上所得があって初めて思えることだと思うよね。

 年収1000万円程度では、お金が二の次なんて決して言えない。生活がかかっているからね。

 でも、月に5万くらいの副収入なら頭をひねれば何とか作れる額だと思う。そして、その額から始められる投資案件も山程ある。

 まずは調べて見るところから初めては如何だろうか。

 ってことで、今日はここまで。ほな、また。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします