雑記

日本理学・作業療法士協会や都道府県士会に物申す理由とは?

 こんにちは。作業療法士の中野です。

 先日書いた、『OT協会社員総会議案書への質問の回答が残念すぎる件』がいつもより多くの方に読まれた。

 で、このエントリーの内容にあいまって読者から来た質問があったので、それにお答えする形で今日のブログでシェアしたいと思う。

目的は自分の所属する職能団体を良くする為

 ボクは別に日本作業療法士協会が嫌いでこんなエントリーを書いたわけではない。

 日本作業療法士協会を良くしたい一新で嫌われ役を買って出ているに過ぎない。別に誰かの為にボクが嫌われる!なんて馬鹿げた使命感ではない。純粋にボクの未来を明るいものにしたいからという個人的欲求に基づくものである。

 大きな組織で、理事が大幅に変わってない協会って結構怠慢経営になっているところが多いと思うんだよね。別に理学・作業療法士業界に限ったことではない話。

 それって、会員が経営や運営に対して何にも言わないからだと思うよ。

 ボクは自分が所属していて、未来を託しているこの職をより良いものにしたいからどんどん思ったことを言う。

 そういう人が増えないと、良くなっていかないからボクが10人分くらい言う。笑

 あなたももし所属している協会を良くしたいと思ったらこういう場で発言してみて欲しい。

届いた質問とその回答

 で、昨日届いた質問なんだけど、『某県士会でもうすぐ総会が開かれるのだが、当日は都合が悪くていけない。でも、決算書だけではわかりにくいところがあるから、もっと詳細の資料を見せてもらえるものか?今後の協会との関係を考えるならあまり深く突っ込まないほうが良いか?』という内容だった。

 で、ボクは以下のような回答をした。

 さて、ご質問の件お答えします。

 まず最初に厳しいことをお伝えするならば、総会は最優先で参加されるべきだと思います。

 日本作業療法士協会の場合、総会へ出席しても代議員でなければ発言することはできないため、出席の価値は薄いですが、各都道府県士会であれば会員は全員に発言権があると思います。

 ○○士会の会員は全て、社団法人の社員という扱いになりますので、社員が会社の総会に出ないというのは身内に不幸がない限り勿体無いと思います。もし、今からでも調整可能なのであれば是非調整してみてください。

 その上で、ですが。

 ○○士会のWebサイトを確認しました所、会社法で定められているのに必要な決算の報告はされています。

 これ以上、詳細なものと言っても難しいのではないでしょうか。会社側としてはそれ以上詳細なものを提示する義務もありません。

 かと言って、社員を無碍に扱うこともないと思いますので、不振な点、不満な点があるのであれば、どのタイミングでも質問すれば答えてくれるのではないでしょうか。仮に不正な会計処理等があった場合は隠すでしょうが、まぁ、さすがにそれは無いと信じましょう。苦笑

 今後の協会との関係性ですが…○○さんは、信頼できる協会と、不振な協会のどちらをお望みですか?もちろん前者だと思います。

 そして、突っ込んだことに対応しない、機嫌を悪くするなんて不振な協会ですよね。そんな協会なら付き合う必要はありません。協会員は協会を良くする義務を負っているとボクは考えてますから、思っていることはじゃんじゃん突っ込みましょう。そういうツッコミが増えなければ協会の怠慢な運営体制は変わらないでしょうから。

 そういう意味においては、日本作業療法士協会はボクの厄介な質問に対して真摯に対応してくれています。先日のブログで書いたように、その内容に関しては???な点もありますが、しっかり対応してくれるというのは信頼に繋がりますよね。で、???な点を突っ込めないのは自分の責任だと思っています。ボクが去年の代議員選出をスルーしていた為です。次の代議員は2年後ですから、しばらくは、ちまちまメールで質問したり、突っ込んだりするしか無いと思っています。

 とまぁ、ボクはこんな風に考えますが、いかがでしょうか。参考になれば幸いです。

 ま、そういう事ね。目的は協会を良くするって事。悪いのは自分たちの責任ってこと。

よくチェックしてないと不正会計もありえるかもよ?

 話題の舛添都知事の不正会計問題。今日の定例会見での釈明はどうなることやら…って感じだよね。

 あんだけ人の目に止まる仕事してても、不正しちゃうんだよ。しかもしっかり給料もらってんのにだよ。自宅の家賃水増しして請求したりしてる。アホちゃう?って話。

 でも、これっておときた駿君が突っ込まなかったらスルーされてる問題だったんだよね。

 協会とか一応監査おいてるけど、監査法人に入ってもらってるわけじゃないし、不正とかやろうと思ったら簡単にできると思うんよね。

 上記、回答でも流石にそんなことはないだろうと信じたいが、信じる材料はどこにもない。

 だから、自分たちでそれを見つけて、しっかり目を光らせておく必要がある。

 その辺も合わせて、良くする為にボク達は積極的に取り組むべきだろう。

おわりに

 協会の文句言うだけなら誰でもできる。辞めるのも簡単。

 だけど、変えようと思わなければ、自分が望む、理想の協会にしようと思って行動しなければこの体質は変わんないよ。

 そのためにもまずは積極的な発言。

 発言して、発言して、発言しまくって、変えようとしなければ、いつまでたっても変わることはないだろうね。

 ま、せっかくボク達の協会なんだからさ、みんなで頑張って良くしていきましょうよって話でした。ほな、また。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします