雑記

熊本震災支援へJRATから大阪府作業療法士会へ支援要請

 こんにちは。作業療法士の中野です。

 先日、『日本作業療法士協会、被災会員の会費免除へ』にて日本作業療法士協会の震災支援への取り組みについて紹介した。

 JRAT(大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会)との調整で支援する旨、事務員を派遣した旨が日本作業療法士協会として現状で行っているとのことだった。

 そして昨日(2016年4月22日)、大阪府作業療法士会がJRATからの支援日程の詳細が届いたのでシェアしたいと思う。

JRATから支援の検討

 去る4月20日、JRAT本部より以下のような案内があったとのこと。

 「4月14日に発生した熊本の地震において、JRAT(大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会)として、派遣が検討されています。活動においては、日本医師会の保険が適用され、派遣に要する費用弁済が行われる予定です。 派遣の時期や場所については、今後調整が必要ですが、広く会員から派遣者を募集しようと考えております。」

 震災から一週間が経過し、インフラが回復しつつある中で、ようやく避難所への人的支援の準備が整ってきているのだろう。

 避難所での支援は本当に必要だと思う。特にボク達専門家の知識と技術はとても必要とされているものだと思われる。

支援日程の発表

 そして、昨日、大阪府作業療法士会から支援日程が発表された。

 支援地域については、恐らく日程をメールしたら追って連絡がある形だろうか…。

 募集要項、日程は以下の通り。

 原則現地 4日ということにして、移動日も含めて(朝出れば午後に着き引継ぎ、午後に引き上げれば当日帰阪できるようにします) 以下の派遣予定日程でご協力可能な方を募集します。

  1. 平成28年4月23日から26日まで(決まり)
  2. 4月26日から29日まで
  3. 4月29日から5月2日まで
  4. 5月2日から5日まで
  5. 5月5日から8日まで
  6. 5月8日から11日まで
  7. 5月11日から14日まで
  8. 5月14日から17日まで
  9. 5月17日から20日まで

 2次隊以降の募集って書いていて、1次隊の所に(決まり)って書いているから、1次隊は協会員で結成したのかな?

 ボクも1ヶ所だけ参加可能かもしれないタイミングがあるので、取り敢えずメールしてみようと思う。

 近畿圏にお住まいで日程調整可能な方は是非ご応募下さい。応募先は以下の通り。

 つきましては、派遣希望者もしくは詳細の問い合わせは下記に、会員番号・氏名・所属先・連絡が取れる電話番号・メールアドレスをご連絡いただきますようお願い申し上げます。

大阪府作業療法士会事務所:jimu◎osaka-ot.jp
(メール配信の際は◎を@に変更して送付願います。)

ところでJRATの活動ってどんな感じ?

 JRAT(大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会)は、リハビリテーション関連団体で構成された、災害時支援の協議会でお医者様を中心に活動している。組織図は以下の通り。

img_soshiki
(画像引用元:JRAT団体組織図

 POSTの3士会も当然加盟しており、今回の連絡は恐らくJRAT本部→各都道府県支部→大阪府作業療法士会→各会員という流れでの伝達なのだろう。

 ただし、都道府県によって活動の活発さが違うようで、支援の量はまちまちな様子。

 作業療法の各都道府県士会のWebサイトをチェック(全部じゃないけど)してみると、大阪以外には熊本・大分を除く各九州の県士会でも支援が始まっている様子。近畿圏では大阪だけ。

 なので、近畿圏の方で支援に出向きたい人は大阪府作業療法士会に連絡してみると良いんじゃないかな思う。

 ちなみに、大阪府理学療法士会のWebサイトにはまだ案内が載っていなかったので、理学療法士の方も近畿圏の方は大阪府作業療法士会へ問い合わせてみても良いと思うよ。

おわりに

 復興支援というのは、まさにリハビリテーションのそのままの意味あいで行う支援だとボクは思う。

 リハビリテーションを直訳すると復権となるが、被災した方々は普通に生きる権利を失っている。

 ボク達の専門家の支援によって少しでもその権利を取り戻すお手伝いができれば、こんなにやりがいのあることはないだろう。

 もちろん、仕事の兼ね合いや、その他の予定もあるだろうし、そもそも命の危険もある。でも、それらリスクを承知の上でもし、時間を空けられる人が居たら検討してみて欲しい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします