医療・介護・福祉

2018年デイケア(通所リハ)がなくなるかもしれない件

 こんにちは。作業療法士の中野です。

 昨日から経営している整体サロンのブログをベースに本を出版しようという動きが加速して、現在執筆作業中。だから、こっちのブログの更新頻度が来月から少々下がるかもしれないのでご了承頂きたい。

 純粋にボクの文章が読みたいなら、骨盤矯正専門店 癒し家のブログ『大阪骨盤物語』でも読んで頂ければ幸いだ。ま、そんなマニアな人は居ないと思うけど。

 そんな中ではあるのだけれど、今日はちょっと衝撃的なニュースを目にしたからブログに書こうと思う。

 作業療法士の専門性とは何か?

 現状は生活行為向上マネジメントに傾倒しているのだろうと思う。(参考エントリー:徒手療法の専門性は理学療法士に譲るべき?作業療法士の専門性とは!?

 そして、その生活行為向上マネジメントによる加算ができるのは、デイケア(通所リハ)だけである。

 ボクはこの加算の幅を今後広げていくべきだと思っているのだけれど、現状はコレ以上の広がりを見せていない。

 そんな中、唯一の加算対象であるデイケアが世の中から無くなるかもしれないというのだから、いよいよ作業療法士も廃業かと不安になったので紹介する。

デイケアとデイサービスの違いが明確じゃないから一元化しよう

 気になったのは以下のニュースを読んだから。

参考:介護保険の通所サービスを一体化し、認知症や中重度者の加算を検討してはどうか―介護給付費分科会で鈴木委員が提案

 書かれていることはごもっともで、デイケアとデイサービスのすみ分けは明確ではない。

 リハの関わりも、両方で働いた経験から考えても大差ない。(デイケアも民営化できるようにしたらちょっと変わると思うけど。)

 デイケアと外来リハどっちが良い?ってのも、送迎以外の差を見いだせないのではないだろうか。送迎がある分デイケアへは通いやすい。

 が、そもそも自立を目的に行うリハビリテーションなのだから、送迎は必要最低限にして、可能な限り自分で通うってする方があるべき姿なんじゃにかなって思う。

 デイサービスと一緒にしてたらダメだよね。

介護保険にもアウトカム評価が導入されるかもね

 リハビリテーションの目標は『自立ベース』であるべきである。

 つまり、どこかのタイミングでの卒業が必要ってこと。

 デイサービスに卒業はいらない。だって、そこが生活の場の一つなのだから。でも、デイケアは機能回復や、生活のしやすさを獲得する場所なんだから、その目的を達成してサヨナラするのが目標であるべきなのだ。

 でも、多くの場合そうなってない。

 だから、デイサービスとデイケアの差が不明確になるし、外来リハとデイケアの差も不明確になりがち。

 だとするならば、アウトカム評価が導入されるのは必然だよね。

 入院日数とリハ効果の統計から、FIMによるアウトカム評価が回復期リハ病棟に取り入れられることになった。当然だ。この財政難の中国の予算で無駄なリハビリテーションを受けさせる余裕はない。

 もちろん介護保険も同様、いつか枯渇する。

 だから、無駄と判断できるサービスを補助するわけにはいかないよね。

 アウトカム評価を導入して、サービス提供の妥当性を図られるのは時間の問題だろう。

2018年に向けての対策

 今更どうにかなる事かわからないけど、デイケアは生活行為向上加算を取るべきだろうね。必要性をアピールする必要がある。

 でなければ、必要なしと国は判断するだろう。

 もう一つは、やはり介護サービス量の変化を証明することだろう。

 リハ提供によって、一人にかかる介護費用が減ったとしたら、それはリハにお金を出す価値となる。

 しかし、リハを受けていても介護費用に変化がでなければリハに価値はないと判断されるだろう。当然だ。

 ボク達は自分の職域を守るためにも、しっかり働き、しっかり効果を証明していく必要があるだろう。

まとめ

 こんな話、今デイケアに努めている人って知ってるのかな。もちろん、敏感な人、情報通な人は知ってるだろうけど、知らない人も多いと思うんだよね。

 それではダメでしょう。

 対策しようがない。デイケアがなくなってびっくり、リハ職種の価値がなくなる可能性がある。

 だって、認知症加算とかって介護側の話だからさ。

 地域で働く療法士の介護職との境目がどんどん不明瞭になっていく未来しか、現状は見えないよね。

 何とかしたいと思うなら、まず動き出すべきだろう。

 ってことで、今日はここまで。ほな、また。

図解入門ビギナーズ最新介護保険の基本と仕組みがよ~くわかる本[第6版] (How-nual図解入門ビギナーズ)

図解入門ビギナーズ最新介護保険の基本と仕組みがよ~くわかる本[第6版] (How-nual図解入門ビギナーズ)

  • 作者: ケアマネジメント研究フォーラム,高室成幸
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2015/08/31
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします