雑記

認定理学・作業療法士のメリットは『プロ』認定にすれば?

 こんにちは。作業療法士の中野です。

 先ほど書いたエントリー『理学・作業療法士国家試験を終えた方が始業日までにやるべき事』を書いている時にふと思った。

 ボクは認定理学・作業療法士のメリットについては、その過程にあるとお伝えしている。

参考エントリー:認定作業療法士のメリット・デメリットと認定される方法

 でも、それだけではダメだから協会として対策しないとダメだよね−って話。

 そして、先ほど妙案が思いついたのでご提案したいと思う次第。

認定理学・作業療法士は理学・作業療法士としてのプロ認定にしてはどうか?

 理学・作業療法士の国家試験は理学・作業療法士としてのプロとしての担保をするものではない。理学・作業療法士として、最低限の知識を有している事を担保している。

 だから、クライアントに対して結果を出せるかどうかはわからない。

 本来なら、プロとプロ以外の診療点数は変えるべきだよね。でも、今のところそういう制度は無い。病院ごとの対策として指名ができるようにしているろころはあるみたいだが。

 そこで、そのプロ認定を協会が行うってのはどうだろう。そのことで、協会費を納める意義が出てくるしメッチャええやん。

 だから、既存の認定プロセスは見なおさなくてはいけない。

 もっと事例報告に重きをおいて、その報告で示す効果に再現性があるか?を基準に見る。

 これどう?妙案じゃない?

 理学・作業療法士を雇う病院や施設は、その療法士が認定されているかどうか?が採用の基準になる。

 もちろん、新卒は認定されていないから、そこは人材育成として、施設基準の一つとして設ける。人材育成施設には協会から補助金を出す。実習生の受け入れなんかも協会主導で認定していけば良いよね。

 おぉ、これは会費の有効活用だ。

 養成校の先生やスーパーバイザーは認定されている人しかできないとかも将来的には導入してほしいかな。

理想は実技テストもやりましょうよ

 で、「結果を出す」「再現性を担保する」とか、国家試験レベルでは無理な事って考えると「実技試験の導入」って大事だよね。

 ケースを想定して、どのように考え、どのような治療を選択するか?を口頭試問。そして、それを実際に被験者にやってもらう。

 これを評価して認定する。

 ここまでやったら厚労省にも認定の価値を認めてもらえるようになるだろうね。

 認定されるまでは丁稚奉公のような仕事、認定されて初めてプロとしての仕事が与えられる。これくらいのことやっても良いんじゃないかなって思う。

 これくらいやったらボクがこのブログでぼやいているようなことは無くなっていくと思うなぁ。

まとめ

 メリットのない制度は無意味である。

 そして、現状の認定理学・作業療法士は当にそれだ。

 だから、協会の所属率は低いし、認定理学・作業療法士を目指す人も少ない。

 今回の提案のようにプロ認定を担保したらやばいよね。

 恐らく真っ当な理学・作業療法士は所属するし、認定理学・作業療法士を目指すだろう。

 で、こんなことしたら違反する療法士や施設が出てくると思うけど、それはそれで無視したら良い。協会として認定理学・作業療法士のメリットをしっかり広報すれば全く問題はなくなる。

 意見は色々あると思うので、是非ご連絡頂ければと思う。

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))

「プロフェッショナル 仕事の流儀」決定版 人生と仕事を変えた57の言葉 (NHK出版新書 362)

「プロフェッショナル 仕事の流儀」決定版 人生と仕事を変えた57の言葉 (NHK出版新書 362)

  • 作者: NHK「プロフェッショナル」制作班
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2011/10/06
  • メディア: 新書
  • 購入: 1人 クリック: 12回
  • この商品を含むブログを見る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします