実習・国家試験対策

理学・作業療法士国家試験を終えた方が始業日までにやるべき事

 こんにちは。作業療法士の中野です。

 ボクは日曜日と月曜日が休日である。だから、昨日・今日とほぼ酩酊状態で過ごしている。

 でも、昨日は天気が良かったので子どもたちと泥団子作って遊んだ。

#dango #play

中野大輔 DaisukeNakanoさん(@nakano_daisuke)が投稿した写真 –

 ボクの笑顔が象徴的だ。笑

 さて、ボクがほんわか過ごしている間には、理学・作業療法士の国家試験が行われていた。

 大阪で受験された方は天気が良くて本当に良かったと思う。Twitterでメッセージをくれていた学生さんは福岡の受験だと思うけど、天気は良かったのかな?でもまぁ、先ほど連絡がきて自己採点ではギリギリだったと。ま、ギリギリなら不適切問題があることを考えると合格だと思うけどね。ここからは選ばれる療法士になれるよう頑張って欲しい旨をお伝えした。

 さてさて、昨日試験を終えて、8割以上の方が合格するのだと思うけど、その方々は4月の始業日まで約1ヶ月のモラトリアム期間に入ることになる。

 もちろん卒業式もあるだろうし、就職先が遠方の方は引っ越しの準備などなど大変な面もあるが、それでもここ数ヶ月に比べたら、いや、実習などのことを考えるとここ1年ほど経験していないゆったりとした時間を過ごすことになると思う。

 で、この期間を使ってボクは1つだけやってほしいと思うことがあるので、紹介したい。

理学・作業療法士は負け組

 当ブログの一番の人気エントリーはこの内容。

参考エントリー:夢見る新卒理学療法士・作業療法士に告ぐ!残念ながらあなた方は負け組決定なのだ!

 ボクが当ブログを開設したのがちょうど1年前くらい。で、当初に書いたエントリーが未だに人気。

 このエントリーは、Twitterやfacebookで拡散したので『ボクの知らないところで』色々と意見を言われたエントリーだ。ま、悪口だわな。笑

 「勝ち負けを収入で判断するな」とか「データは統計的に正しいのか」とか、んなことはどうでも良いって内容のツッコミ。

 ちゃんと読んでもらったら、言いたいのはそんなことじゃないってわかると思うんだけど、こういうツッコミ入れる人って言葉尻に突っかかって真意を無視するんだよね。はぁ、残念。

 このエントリーで言いたかったことは一つ。

 ボク達の業種は決して『安定』が得られる業種じゃないってこと。

 で、その世の中で勝ち残っていくためには、実習中よりも国家試験勉強中よりも、もちろん卒業論文作成中よりも努力しないとダメってこと。

 先日『学生に「あなたの治療は必要ない」と言われる人は理学・作業療法免許を返上せよ!』ってエントリーを書いた。

 国家試験は国家資格保持者として最低限の知識があることを担保した試験に過ぎない。結果を出せるプロとして認定されているわけじゃない。

 だから、プロになる努力を今後していかなければならないのだ。

人生のプランニングをしてみませんか?

 社会人経験者の方にとっては今更かも知れないが、現役卒業生にとって、自分の人生をプランニングするなんて経験は殆どないのではないだろうか。

 やっていたらビックリ。ボクが学生の頃はパッパラパーだった。笑 将来なんて全く考えてなかったし、その時楽しけりゃ良いっていうニートみたいなアホだった。でも、作業療法士としては結構明確にこうなりたいってあったからそれなりに頑張れたのかも…って今から考えるとそう思う。

 でも、ボクが皆さんに提案するのは理学・作業療法士としてどうなりたいか?ではなく、これから死ぬまでにどのような人生を歩みたいか?である。

 もちろん、「仕事」ってのは人生における大部分を占める作業であるから「理学・作業療法士としてどうなりたいか?」ってのも含まれるんだけど、それだけじゃなくて「結婚や育児などの家族計画」「趣味や余暇」「病気になる可能性や健康維持」など他にも色々なことを考えなければならない。

 で、そこにつきまとうのが「お金」の話。

 資本主義社会において「お金」を無視して生活することはかなり難しい。家族のこと、趣味のこと、健康のことなど。全てにお金が関わってくる。

 理学・作業療法士の収入で賄えるならそれで良いし、賄えないなら対策をしなければいけない。

 で、賄えるのか賄えないのかはプランニングしてみないとわからないのだ。

気軽な気持ちで、まずは書いてみよう

 プランニングっつっても何をどうすれば良いかわからない。って方が大半だよね。

 だから、ここでは簡単な方法だけ書いておく。

 この方法ってのもボクがやってる方法ってだけで、こうしなければいけないってもんじゃないから自分がやりやすいように変えてもらってもOK。

 以下、簡単に手順を。

  1. 横軸を時間軸にする。1年刻みか5年刻みくらいで。60歳くらいを目処に。
  2. 縦軸に「仕事」「収入」「財産」「家族」「趣味」の5つを記入。
  3. 横軸と縦軸の交わるところに該当する目標を書く。60歳から逆算して。
  4. 今年1年の目標を達成するための方法を考える。
  5. スケジュール帳や、todoリストに落としこむ。

 ま、ざっくりこんな感じ。

 あ、ボクの使ってるジブン手帳使うとやりやすいかもね。

コクヨ ジブン手帳 2016年 DIARY A5スリム ホワイト ニ-JCD1W-16

コクヨ ジブン手帳 2016年 DIARY A5スリム ホワイト ニ-JCD1W-16

 もちろん、ジブン手帳以外にも色んな手帳があるし、アプリとかもあると思うから使いやすいやつを試行錯誤してみると良いかと。

まとめ

 ボクが初めて社会人になった時の感想は「これ一生続けるんか…」だった。父を過去最高に感謝し、尊敬した瞬間でもあった。

 父はボクが生まれる前から仕事をして、ボクが社会人になった時も、そして今も仕事をしている。

 実習は辛かったけど、実習には終わりがあった。仕事は終わりなき旅だと思った。そして、その旅をずーっと続けている父親に感謝し、尊敬の念を強く抱いた。

 でも、ボクはこういう生き方は無理だって思った。何故か?きっとやりたくない仕事をやっていたんだと思う。

 いや、作業療法が嫌いだったわけではないし、当時の利用者さんは大好きだった。ただ、働き方として好きじゃなかった。延々と続けたい事じゃなかったってことだ。

 今から考えるとその頃から、働き方を模索するようになっていたのかもしれない。

 で、今のボクは働き方に関しては非常に満足している。きっとこんな働き方を死ぬまで続けるんだろうなぁって思う。

 思いついたことをどんどんやる。無理なら捨てて、当たったら続ける。飽きたら変える。笑

 このスタイルが自分にとってストレスが少ないって事が分かったからだ。

 昨日、国家試験を終えた皆さんもこれから長い人生が待っている。その人生を豊かにするも、貧しくするも皆さん次第だ。で、まぁ、多くの方が豊かにしたいと思うだろう。

 だったらまずそのプランニングをしてみることをおすすめする。そこからあなたの人生が動き出すはずだから…。

 ってことで、ほな、また。

シナリオ・プランニング ― 未来を描き、創造する

シナリオ・プランニング ― 未来を描き、創造する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします