雑記

リテラシーの低さの原因を一般人に求めるのは専門家の怠慢だ

 こんにちは。作業療法士の中野です。

 朝から胸糞悪いツイートを見てしまった。

 ま、普段ならスルーするところなんだけど、呟いていたのが大学教授だったので、「おいおい」と思って、このブログの読者である理学・作業療法士の皆様にはそんな怠慢な専門家になってほしくないので書き留めている。

 そもそもツイートの中に「一般の人」っていう表現が気に食わなかった。まぁ、ボクは一般人だよ。じゃあ、お前は何もんだ?って話。

 でも、まぁ、そんなとこから突っかかってたらきりがないので、某分野における専門家の対義語として一般人と定義しておこう。その定義に則ったタイトルだってことでご理解いただきたい。

発端となったツイート

 一応本人の名誉の為にお名前は伏せておく。アメリカの有名大学教授で、日本の大学でも客員教授とかをしている女性教授だ。

 で、内容は以下のようなもの。

 「何故一般の人は〇〇とか△△について、PubmedとかGoogleScoLarで調べないんだろ。ネット時代なのに。」

 実際の表現をまるまる引用するとボクのように胸糞悪くなられても困るので、ちょっと柔らかい表現にしておいた。

 そもそも専門家が一般の人という風に見下した表現(いやいや、あんたがどれだけ偉いの?ってね)がムカついたんだけど、「何故調べないのか?」という更に見下したつぶやき…。もはやため息の出るレベルですよ。これ。

 いや、そりゃ、調べれば良いと思うよ。そうすりゃ似非情報に惑わされないし、躍らされることもない。

 でも、そもそも日本人英語苦手やん。知ってるやろ?そりゃ、あなたは海外の大学を出て教授にまでなられているので英語なんぞペラペラでしょうが、多くの日本人は英語が苦手なんだよ。仮にPubmedにリーチできたとしても、内容理解に時間がかかるのよ。

 ってか、医療関連や化学・生物なんかの周辺分野の専門家や知識人でもない限りそもそもPubmedなんて知らんわな。ボクだってこの業界にいるから知ってるだけ。

 そこに情報格差があるから、専門家がいるって事がわかってないんじゃないかなぁ。全員が全員Pubmedやら何やらで調べて、情報通になってたら専門家いりませんよ。あなたの仕事もなくなりますよって話。

 ふぅ、少しヒートアップしたので…、まぁこんな感じに思ったのだ。

専門家に課せられた使命は情報を正しく分かりやすく伝えること

 もちろん、研究して論文発表するのはすごく大事。でも、その内容は専門家だけのものであって一般の人がリーチするものでは基本的にない。

 だから専門家は、一般向けに分かりやすく伝える義務があると思っている。

 リハもそう。どれだけ崇高な背景があって、どれだけ素晴らしい治療法であってもそれをセラピストのものだけにしていては勿体無い。でも、それを一般人が(基本的には)知るよしもない。

 で、そのリテラシーの低さに文句を言う。

 で、ですよ。これだけならまだ許すよ。ボクも専門家だろうが、一般人だろうが『確かめる癖』はつけるべきだと思っているし、そういう意識を持つよう啓蒙活動も行っている。

 でもね、こういう専門家って、『頑張って情報収集した一般人』を嫌ったり、鬱陶しく思ったりする人たちなんだよね。

 「この薬は〇〇だから、ボクには不向きだと思うんですが…。」

 こんな事を患者が言った日にゃ、医者は「ボクを信用出来ないなら他へ行って下さい」ってなもんですよ。

 調べろって言うのに、中途半端な知識を持った奴が増えて鬱陶しいとか言うんですよ。たまったもんじゃないですよ、一般人は…。

専門家は別に偉くもなんともない

 別に専門家って偉いわけじゃないよね。専門家の中には偉い人もいると思うけど、専門家が偉いんじゃない。

 この前ノーベル賞を受賞された大村先生なんて全く偉そうぶらないらしいよね。とんでもない発見をされて、すごい沢山の生命を助けて、地元で温泉まで開いてみんなから愛されるような、本当に偉い先生なのにね。

 これが、本来の専門家のあるべき姿だよね。まさに専門家の鏡。

 専門家は、専門的知識や技術を追求し、一般化することが仕事。でも、その一般化することができてない人があまりにも多い。

 あ、そういえばボクらの業界もそういう噂が持ちきりだよね。作業療法士の言うことは難しくて分からないってね。

 ボクらもマジで気をつけないと、一般人だけでなく、多職種からも胸糞悪いって思われちゃうよ?

まとめ

 ま、でも、ボクにこんな長い文章を書くだけのネタ振りをしてくれたんだから、感謝しないとね。

 そして、書いて心を穏やかにする執筆瞑想の効果を改めて感じる。笑

 一心不乱に書くと、イライラも収まるんだよ?これほんと!是非試してみてね。(でも、乱文になってる可能性あるから絶対読み返してね。笑)

 ほな、また。

大村智物語―ノーベル賞への歩み

大村智物語―ノーベル賞への歩み

大村智ものがたり~苦しい道こそ楽しい人生

大村智ものがたり~苦しい道こそ楽しい人生

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします