雑記

理学・作業療法士は先生か?論争に終止符を打つエントリー

 こんにちは。作業療法士の中野です。

 今日は祝日。昨日は飲んだ。朝の目覚めはよろしくない。そして、起きた瞬間更に悪くなった。笑

 作業療法士の山田「先生」が過激なタイトルのブログを公開されていたからだ。

参考:【怒】リハビリの人って「えらそうな人多い」ですよねって言われた。大丈夫か?この業界!

 ボクは他人の意見に左右されない、素直さに欠ける人間だから、他人の意見に自分の考えを左右されたりはしないが、このブログの内容には左右される人もいるんだろうなぁと思った。

 別に左右されることは悪いことじゃない。でも、自分の意見も持っておいた方が良いよね!ってことでボクの意見も書いておこうと思う。

先生の定義

 そもそも先生の定義って何なのだろう…。

 goo辞書では以下の通り。

《4が原義》

  1. 学問や技術・芸能を教える人。特に、学校の教師。また、自分が教えを受けている人。師。師匠。「国語の―」「ピアノの―」
  2. 教師・師匠・医師・代議士など学識のある人や指導的立場にある人を敬っていう語。呼びかけるときなどに代名詞的に、また人名に付けて敬称としても用いる。「―がたにお集まりいただく」「―、お元気ですか」「鈴木―」
  3. 親しみやからかいの意を含めて他人をよぶこと。
  4. 「ははあ―今日は宅 (うち) に居るな」〈漱石・彼岸過迄〉

  5. 自分より先に生まれた人。年長者。

 原義にびっくり。年上の人はみんな先生なのだそう。でも、言われてみればそうだよね。文字の意味を捉えたらそうなる。だって「先に生まれた」ってことだもんね。

 じゃあ、多くのクライアントがボク達より高齢だから、ボク達はクライアントの事を先生と呼ぶべきだってことだ。クライアントから先生と呼ばれるのはお門違いだったってこと。

 でもまぁ、この原義に則ると現代社会には適応しない。どちらかと言うと上位2つが現代における「先生の定義」と言えるのかな?って思う。

 『学問や技術・芸能を教えてくれる人』『教師・師匠・医師・代議士などの学識ある人や指導的立場にある人』の2つだ。

 これが現代の先生の定義になるだろうと思う。

理学・作業療法士は先生か?

 理学・作業療法士という資格が「先生」に当てはまるか?

 答えは「NO」だとボクは思う。資格が当てはまるか?と問われれば、照合する定義は『教師・師匠・医師・代議士などの学識ある人や指導的立場にある人』の方で、理学・作業療法士は決してそのような立場にあるとは思えない。

 思っている人が居たとしたら、ごめんなさい。あなたの頭のなかはお花畑です。

 だから、理学・作業療法士は先生と呼ばれるべき資格ではないってことですな。

ただし、例外はある!

 理学・作業療法士の中にも『学問や技術・芸能を教えてくれる人』は沢山いらっしゃる。

 ま、「教えること」をビジネスにしている人と、社会貢献にしている人がいるので一概にその全てが先生だとは思わないが、ボクにも数名の先生がいる。

 まずは、養成校の先生は未だにボクにとっては先生だ。そして、お世話になったスーパーバイザー。彼らもまたボクにとっては未だに先生。(※ただし、評価実習の時のブラックバイザーは除く)

 そして、最近でもPNFを学びに行ったりして、指導者が尊敬に値する場合、ボクは先生だと思う。

 だから、冒頭で書いたようにやはり山田「先生」だと思っている。彼にとってボクが先生と呼ぶのに違和感があっても、やはりボクにとって彼は先生だ。

 でも見ず知らずの年長者を先生とは思わない。何も教えてくれない人を先生だとは思わない。

 教えてくれる人を先生っていう定義は分かりやすいよね。あなたがもしクライアントに色々教えられるだけの知識と技術があるなら、「先生」と言われても問題ないのかもね。

 教えるなんておこがましいと思うかもしれないけど、サービス業は「情報提供」も立派な仕事だから念頭に入れておいたほうが良いよ。

まとめ

 ボクはボクが何も教えてない人に「先生」と言われたら違和感がある。ボクが教えているのは個別コンサルのクライアントと、サロンのお客様だけ。

 だからといって「先生」と呼ぶことを強要しない。当然だ。何故なら『教えたか、教えられたか?』問題がそこにあって、判断するのは教えられたほうだと思うから。

 教えられたと思ったらクライアントは自然と「先生」と呼ぶ。

 ボクも先生には先生と自然と使う。

 だから、教えた覚えのない人に「先生」と言われると、あなたの先生になった覚えはない!って思うし、教えられた覚えのない人に先生とは決して言わない。

 自分のことを権威あると思っている人にとっては「クソ生意気なガキ」と思われるかもしれないが、絶対に呼ばない。もちろん、年長者への敬意は示すよ。山田先生を君とは決して呼ばない。笑

 仮に山田先生が先生でなくても、山田さんと呼ぶだろう。その辺は礼儀だよね。日本人として。でも、海外ならその辺あまり関係ないかもしれないね。これは日本の文化。

 だから、結論。理学・作業療法士における『先生』は教えた人が教えられたと感じた時にのみ発生する敬称ってことだね。

 学生もスーパーバイザーに教えられたと判断しないなら「先生」と呼ぶ必要は(本来は)ない。教えてもらったと思えてはじめて「先生」だもんね。ま、学生に対して権威を振りかざすスーパーバイザーは未だに沢山いるから先生って言っておいたほうが無難だけどね。苦笑

 ボクに先生と呼ばれる先生方は、是非とも先生としての自覚を持ってがんばって下さいね。笑

 この上から表現がボクの悪いとこだなとつくづく思う…。ま、これがボクだ。しゃーないね。

 ちなみにボクにとっての先生の本を広告しておく。先生にはこういう敬意の表し方もあるってことね。爆

 ほなまた。

イラストでわかる 寝たきりにさせないPNF介助術 ~家庭でできるリハビリテーション~

イラストでわかる 寝たきりにさせないPNF介助術 ~家庭でできるリハビリテーション~

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします