評価と治療

動作分析に最適!写真・動画の比較可能な無料iPadアプリ3つ

 こんにちは。作業療法士の中野です。

 ご存知の方もいらっしゃるかもしれないが、ボクは現在研修会参加の為、店をお休みにして研修会に参加している。

 PNFのアドバンスコース(PNF3)で、毎日が学びの連続だ。

 夕食は参加者とどこかしらで飲む。だからホテルに戻ってからも飲む。そして、寝落ちする…。あかんパターンやん…。

 で、まぁ、折角学んでいるのに、アウトプットできていないかったが、今日はまたえらい早い時間に寝落ちしたもんだから、起きるのも早かった。2時位w

 風呂入って、映画見て、今に至る。

 今日もまた昼食後眠くなるんだろうなぁ…。

 さて、本題。PNF3では初日から患者様を担当させて頂く。昨日が2回目。今回の研修会中のご本人様のご要望として、「疲れずに歩きたい」という事を挙げられたので、歩行に焦点を絞ってアプローチしている。

 で、何で歩くと疲れるのか?疲れずに歩くために必要な事は…?なんて事を考えながら関わらせて頂いているが結局は歩き方の問題なんだよね。

 その歩き方の質を評価するのにどうしたら良い?

 疲れるまで歩きまわってもらうわけにも行かないし、歩くスピードや歩幅なんてのは質の評価ではない。もちろん質が上がればスピードや歩幅という量的なものにも変化は現れるだろうが、それ自体が質の評価ではない。

 そこで、今回スマホで撮影し、アプローチ前後、初日と最終日を比較するという方法を取ったのだけれど、そのことに関して色々調べてみたら面白いアプリがあったのでご紹介したいと思う。

1.マルチビデオ

f:id:p-therapy:20160203050528p:plain

 1つ目はマルチビデオというアプリ。

 ゴルフってすごいスポーツで、アマチュアがプロ並みに自分を分析するスポーツなんだよね。そんなアマチュアゴルファーの期待に答えているのがこのアプリ。

 2つの動画をスポーツ番組の解説のように重ねて再生させたり、並べて再生させたりすることが可能なのだ。スロー再生とかもできる。これ、マジすごい。

 しかも、基本無料。単純に動作の比較だけなら無料で使えるのだ。

 広告非表示や保存するとなるとApp内課金があるが、保存してプレゼンなどに使いたい人は課金すれば良いだろう。でも、使い勝手とか無料で試してから使えるし良いよね。

2.Sportlyze Lite

f:id:p-therapy:20160203052256p:plain

 2つ目はSportlyzer Liteこれも療法士好みかも!

 動画を1秒10コマに分割してくれる。例えば歩行なら、通常歩行の流れの中からそのフェーズ毎に取り出して分析可能だ。

 しかも書き込みできたり、角度測定もできるので分析しやすい。

 完全版は有料で700円ほどするが、こちらも単に分析するだけなら無料で使える。

 無料で使用感を確認し、もし完全版が必要そうだったら課金すれば良いだろう。

3.Pic collage

f:id:p-therapy:20160203052325p:plain

 3つ目はPic collage。こちらは特別なアプリではなくよくあるコラージュアプリ。

 単にこのアプリをボクは日常からお客様への姿勢のフィードバックように静止画比較アプリとして使っていたからご紹介した次第。

 もちろん無料で、ボクが整体をやりはじめた当時から使ってるからかれこれ5年ほどの付き合いのアプリだけど、今まで不具合を感じたことはない。

 なので、まぁ、オススメだよ。

まとめ

 いやぁ、動画比較にはぶったまげた。整体って現場では使う必要も無かったから検索することも無かったのだけど、周囲の参加者もスゲーって言ってたから現場でもあまり一般的ではないようだ。

 でも、本当今までは高くて手が出せなかったような評価手段が、スマホのアプリで、無料だったり安価だったりで手に入る時代だから凄い。

 今回ボクが紹介したアプリなんて、そんなスゲー技術のほんの一部だ。同じ動画比較アプリなんて山程ある。

 是非、皆さんも日常の評価にこういう技術を取り入れていったら良いんじゃないかなと思う。

 あ、でも一つだけ注意。

 個人の私物を利用する場合データの扱いには注意してね。撮影した写真や動画のデータはその日の内に病院のパソコンや記録媒体に保存し、削除するようにした方が良いね。

2020年 ICTはこう変わる(日経BP Next ICT選書)

2020年 ICTはこう変わる(日経BP Next ICT選書)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします