雑記

理学・作業療法学生と臨床実習指導者との恋愛ってどうなん?

 こんにちは。作業療法士の中野です。

 今回のネタはどうでもいいネタ。だけど、学生にもスーパーバイザーにもあり得る話だと思うので書こうと思う。

 この内容に関してはボク自身経験があるので、体験談も元に書いてみる。笑

理学・作業療法学生と臨床実習指導者との恋愛ってどうなん?

 長期の臨床実習であれば確実に成人しているし、当然指導者側も成人しているので大人同士の恋愛で全くの自由だろう。

 ただね、実習中は止めておこうよと思う。

 実習中は恋愛感情が実習の評価に響くだろう。

 実際に聞いた話だけど、女性の学生が自分の成績に危惧して、男性のスーパーバイザーを口説いて問題になったとかってあるらしい。

 学生も学生として、指導者も指導者として実習期間はそれぞれの立場を大事にして欲しいと思う。

心理学的に学生はスーパーバイザーに惚れやすい?

 特に女性学生が男性指導者に惚れやすいっていう環境が長期実習に関してはあると思う。

 学生側からすれば、初めての環境で一番触れ合う機会の多い存在だし、バイトなどの経験がなければ初めての職場での上司になるかもしれない。

 そのような立場の人間に憧れたり、好意を持ちやすい環境だと言える。

 実習は辛いものだ。それは別のエントリーで書いたようなブラックな実習で無かったとしても作業量としてのレポートは大変だし、初めてクライアントの治療まで行う長期実習だし、初めての環境だし大変な要因を挙げればキリがない。

 そんな辛い環境で優しく色々教えてくれるスーパーバイザーと出逢えば、ついつい「好き♡」ってなっちゃうものだ。笑

心理学的に若手スーパーバイザーは学生に惚れやすい?

 スーパーバイザー業を始めると、メチャメチャ忙しくなる。

 ボクは普段残業などしないが、学生さんの指導を始めると必然的に仕事量が増え残業することになる。

 特に臨床1〜2年の若手は指導ということ事態初めての経験で生活が大変になるだろう。そういう経験をしたこともあると思う。

 例えばその時にパートナーが居なかったとすると、積極的に出会いを求めて動きまわる人でなければ同僚よりも実習生と触れ合う時間が長くなる。当然だよね。

 で、その学生にちょっと恋心ある感じで、ゴロにゃんと近寄ってこられたら「か、可愛いやんけ…」と思ってしまうものだ。笑

実は実習生にモテたボク

 ボクは決して男前じゃないし、恋愛経験も乏しい方じゃないかなぁと思う。

 自分から告白とか勇気が出なくて出来ないタイプだ。笑

 だが、そんなボクでも実習生にはモテた。具体的な人数とかは控えておくが、人生の内で実習指導をしていた時期が一番モテてた。

 で、実際にお付き合いした事もある。

 ちなみに言っておくが、結婚している妻は実習生ではない。別れたってことだ。

 それでもボクは基本一途な性格だから長続きしていたと思うし、当時は結婚しようとも思っていたが、まぁ考えの違いやお互いの未熟さがあって別れるに至った。

 でも一般的なケースとして上手くいかない事が多いんじゃないかな?と思う。

 何故なら、やはり実習中の環境とその後の環境は違うからである。

 実習中は指導者と学生、その後も数ヶ月は学生だけど臨床に出たらお互い社会人となり、環境も変わる。

 実習当時思っていたトキメキはすぐに無くなるだろう。そのトキメキがなくなった状態でも好きでいられたら上手く行くかもしれないが、難しいケースが多いのではないかと思う。

 まぁ、恋愛なのだから自由である。婚約とかしてしまったら責任やら何やら生まれるが単に使っているだけなら自由。好きな時もあれば嫌いになっても良い。自由だ。

 だからそんな自由な恋愛なんだから自由にやっちゃいなよ。と思う。

注意点

 ただ1つ。施設と学校に迷惑かけるべからず。

 施設や学校に迷惑がかかる恋愛はちょっと問題だよね。それは男女の関係で済む話じゃない。

 その1つが実習中は止めておきなって事。実習中は問題のある恋愛に陥りやすい。

 で、バイザーの立場から言うと『不合格』になる(あるいは不合格になった)実習生と付き合うのも問題が起こる可能性があるんじゃないかなって思う。合格する学生であれば大丈夫だろう。

 もう一つ、自分の施設での実習が終わっても更に実習は続くかもしれないし、その後も卒業研究、試験、国家試験と学生さんにはイベントが盛り沢山だし、そのどれ1つも失敗することはできない。その状況を理解した上でお付き合いされると良いだろう。

まとめ

 臨床実習は学生側からも指導者側からも恋愛に発展しやすい環境設定だ。笑

 もし指導者と、あるいは学生とお付き合いしたいと思うのであれば、節度をもって、順を追って、しっかりとした形で手続きをふみ、施設や学校に、あるいは自分たちの未来に責任をもって行って欲しい。

 で、予め恋愛関係になりやすい環境にいることを知っておいた方が良いだろう。終わったら冷めるなんてこともままある。3割増しで相手を評価してしまっている可能性に注意をはらっておこう。

 それらを加味した上で恋愛するのは大人だから自由だと思う。

 もし恋愛するなら心から上手くいくことを願っている。

キレる女懲りない男―男と女の脳科学 (ちくま新書)

キレる女懲りない男―男と女の脳科学 (ちくま新書)

話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く

話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く

  • 作者: アランピーズ,バーバラピーズ,Allan Pease,Barbara Pease,藤井留美
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2002/09/01
  • メディア: 文庫
  • 購入: 15人 クリック: 246回
  • この商品を含むブログ (167件) を見る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします