評価と治療

患者のNeedsを見極める為には環境や身体・精神状況を加味する必要がある

 こんにちは。作業療法士の「なかの」です。

 数日前からの風邪がまだ治らず、少々辛い思いをしながら仕事をする日々が続いている。明日の土曜日は比較的暇なので早々に帰って休もうと思っている次第だ。

 そんなボクだが、幸いにして食欲はしっかりある。食べる量も普段と変わらない。しかし、性欲はめっきり減退している。笑

 その分睡眠欲は普段より増していて、夕食が終わるとすぐに眠たくなる。

 この三大欲求と言われれる「食欲」「性欲」「睡眠欲」にもその時々で順位が変わるだろう。

 ボクは今普段より性欲の順位が下がっている。その代わりに睡眠欲が高い。普段、睡眠に対する欲求はあまりない。夢中になる何かがあれば睡眠を削るのがボクの方法だ。

 今回は、そんなボクの状態から理学療法士・作業療法士がクライアントのNeedsを見極める時に、その環境やクライアントの状況をしっかり見極め、加味する必要があるということについて書きたいと思う。

刻々と欲求の順位は変わっている

 ボクがこのブログのこの文字を打っているのは、2015年12月18日12時38分である。

 今、ボクはこのブログを書くという目的が優先されているので、食欲はあまりない。体調が悪く咳がひどいので、「あ〜しんどいなぁ」と思いながらもブログを書くという目的の為に頑張っている。もちろん、性欲も睡眠欲もない。

 あるとするならば、咳が止まってほしいという欲求だ。

 しかし、このブログは恐らく13時までには書き終わるだろう。すると途端に食欲が主張をし出すだろう。朝食はとっていないので、昼食はしっかりと食べたいと思っている。幸いにも次の仕事は14時半〜だ。

 食欲を満たすと睡眠欲が顔をだす人も居るだろう。もしかしたら昼間から性欲が高まる人もいるかもしれない。

 しかし、ボクは今ゆっくり休みたいと思うので、昼食後は寝っ転がって動画でも見ることだろう。

 このように欲求の順位は常に変化していることが分かる。

 例えば、生活行為向上マネジメントの興味チェックリストを行うのを食事前にやるのか、後にやるのかで結果が変わるかもしれない。(参考エントリー:生活行為向上マネジメントが主流になるとカウンセリング、コーチング技術がますます必要とされる件

 食事を独力で行うことが困難なクライアントが食後にチェックリストをされると、ついさっき経験した自分の不甲斐なさを思い出し食事を何とか1人で…と思うかもしれない。

 あるいは、食後でなくても食卓で興味チェックリストを行えば、食事を想起し、食事の優先順位が無意識的に高まる可能性もある。

 もちろん、こんな事を言い始めたらキリはない。しかし、ボク達はクライアントのNeedsを限りなく正確に把握するためにクライアントの状況や環境についてもしっかり加味する必要があるだろう。

クライアントのNeedsを正しく評価する為に必要なこととは?

 このように不確実性が伴う評価を、限りなく正確性を高める為にボク達には何ができるだろうか。

 それはクライアントの24時間、1週間、1ヶ月、365日を評価することだと思う。

 何時に起きて、何をして、何時に寝るか、その間どんな欲求の遷移があるか。週間の予定は?月間の予定は?季節ごとの環境の変化や予定の変化は?

 クライアントの時間軸に沿った評価を行う事で正確性が高められるのではないか?とボクは思っている。

作業とは時間と空間を占めるもの

 人間作業モデルを最近読んでいるが、冒頭に「作業とは時間と空間を占めるもの」という表現が出てくる。

 この意見にはボクも大賛成である。そう思っている。

 つまり、ボク達が評価すべきはクライアントの時間と空間を占めるものであり、クライアントのNeedsとはクライアントの時間と空間を占めている欲求なのだ。

人間作業モデル 理論と応用

人間作業モデル 理論と応用

  • 作者: Gary Kielhofner,山田孝,村田 和香,竹原 敦,石井 良和,小林 法一,笹田 哲,野藤 弘幸,京極 真,長谷 龍太郎
  • 出版社/メーカー: 協同医書出版社
  • 発売日: 2012/06/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

まとめ

 時間と空間を占めるもの。

 例えばボクが風邪をひいて性欲が減退しているとは言え、キレイなお姉ちゃんに囲まれたとしたら間違いなく性欲は高まるだろう。

 時間・空間が変われば欲求も変わるのだ。欲求が変われば行うべき行為も変わる。

 それが人間だ。

 ボク達がクライアントにより適切な治療選択を行うためには、クライアントの時間と空間をしっかり把握した上で欲求を評価する必要があるだろう。

 あ、時空間に関する事を深めたい人はまず相対性理論を勉強してみるといいかも。

「相対性理論」を楽しむ本―よくわかるアインシュタインの不思議な世界 (PHP文庫)

「相対性理論」を楽しむ本―よくわかるアインシュタインの不思議な世界 (PHP文庫)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします