訪問看護・リハ

訪問看護ステーション開設を決めたら最初に買うべき本とは?

 こんにちは。作業療法士の「なかの」です。

 お陰さまで訪問看護ステーション開設に関する情報はかなり収集できてきた。

 んで、看護師のパートナーさえ見つかれば何とかなりそうな気がしてきた。

 起業志望の看護師さん募集中なう。3年ほどボクの起業に付き合ってもらえたら後は独立して頂いても構いませんので、独立の修行だと思って3年ほど来てくれたら幸いだ。

 さてさて、今回は訪問看護ステーションの設立を目指した際に先ず最初に読んで頂きたい書籍をご紹介したいと思う。

訪問看護ステーション開設・運営・評価マニュアル 第2版

訪問看護ステーション開設・運営・評価マニュアル

訪問看護ステーション開設・運営・評価マニュアル

 ボクは訪問看護ステーションからリハビリに出た経験が少ない期間ではあったがある。

 で開設するからには、そこで経験したリハビリの問題点だったりを改善した形の訪問看護ステーションを開設したいと思っている。

 だが、ボクはその経営面に関して殆ど学んでこなかった。折角経験していたのに勿体ない。苦笑

 だから、どうやって開設するかが全くわからない。ド素人だ。インターネットなどで情報収集したが、インターネットの情報は断片的でありまとまっていないのが難点だ。

 んで、検索した結果この本を買って読んでみた。

 感想は、とてもわかり易い。で、必要な手続きや書面の雛形なども書かれている。

 開設だけを目的にするならこれ一冊でOKって感じの書籍なのでまず買うべき書籍だ。

この書籍の概要

 取り敢えず第1章に開設に関連した事が書かれているので、現状ではこの第1章を何度も読み返すことになると思う。

 第2章は訪問看護の実務について、第3章は管理・評価、第4章が経営について、最後に事例という形だ。

 訪問看護ステーション設立に向けて必要な情報の概要がこれ一冊にまとまっている感じだ。

 実務面、経営面に関してはこの本だけでは不十分だし、事業計画に必要な情報は自分で検索しなければいけないだろう。

 しかし、開設の為の入門書としては大満足だ。

まとめ

 恐らく多くの訪問看護ステーション設立者が買っているんじゃないかなぁ。

 何にも知らないボクでも理解できるレベルで書かれているのでオススメだ。

 訪問看護ステーション開設の際には先ず最初の入門書として本書をオススメする。

訪問看護ステーション開設・運営・評価マニュアル

訪問看護ステーション開設・運営・評価マニュアル

追伸…訪問看護ステーション設立を決めたら…

 当ブログでは、ボクが訪問看護ステーション開設を決めてから申請までの行動をブログでまとめている。

 これから本気で訪問看護ステーションの開設を目指している人は参考にしてもらえたら幸いだ。

参考エントリー:訪問看護ステーション新規立ち上げ!想起から申請までの流れ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします