雑記
thumbnail

ICFを勉強したいと思っている理学療法・作業療法学生さんへの提案

 おはようございます。作業療法士の「なかの」です。

 今日も学生さんから頂いた質問に対し、その回答をする形でブログを書きたいと思う。

 今回の質問はもうすぐ評価実習に出る学生さんからで、「ICFについてもっと勉強しておきたいのだけれど、何か良い参考書や文献はないか?」ということだった。

 この質問に対してのボクの回答をシェアしておこうと思う。

ICFとは評価法ではなく、概念である

 ICFとは勉強するものではなく、知っておくべき事であり、勉強する上での指標である。つまり、ICFをベースに勉強するのであって、ICFをベースに評価するのだ。

 そして、作業療法学生であればICFだけでなく生活行為向上マネジメントも知っておくべきだろう。生活行為向上マネジメントに関しては下記書籍を読んでおこう。

事例で学ぶ生活行為向上マネジメント

事例で学ぶ生活行為向上マネジメント

生活行為向上リハビリテーション実践マニュアル

生活行為向上リハビリテーション実践マニュアル

 で、ICFって何?ってレベルの人はこのブログを読んでいないと思うけど、取り敢えず下の表を添付しておこう。

f:id:p-therapy:20150729115227j:plain

 この表をベースに評価をしていけば良い。

 で、知識として詳しく知りたい人はICFが発表された当時、あるいは開発中の頃のOTジャーナルを参考にすると良いだろう。ICFという名前ではなく、ICIDH-2と呼ばれていた頃、多分2001〜2002年頃だと思う。

ICFや生活行為向上マネジメントに基づく評価とは?

 評価とはそもそも何なのか。

 同じ学生さんから評価学で使用している教科書が難しくて、何か良い参考書はないかという質問も受けた。

 評価という広い概念をまとめたものは教科書以外ありえない。

 大切なのは評価の目的である。評価の目的はクライアントを知ることだ。クライアント知るための指標としてICFだったり生活行為向上マネジメントを使えばいい。

 普通の人付き合いにおいても、一度で相手の多くを知ることは困難だろう。

 しかし、知るための指標があれば知るためのスピードが格段に早くなる。

 ICFや生活行為向上マネジメントはクライアントを知る為の指標として使い、クライアントの事をできるだけ沢山、できるだけ早く知るのが、これらに基き評価することのメリットである。

まとめ

 評価とはクライアントを知るために行う者である。

 で、実習で今回質問を頂いた学生さんが今度行かれるのは評価実習であり、評価したことをレポートにまとめるところまでを勉強しに行く実習である。

 つまり、知ったことをまとめるのが勉強なわけだ。で、レポートは報告するために作るもので、自分が知ったクライアントを学校に戻り、どのように紹介するかがポイントなのだ。

 レポート=課題という認識だと大変だろうし、辛いと思う。しかし、レポートとは紹介である。

 是非その視点を忘れず、しっかりと勉強してきてほしいものだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします