ブログ運営法
thumbnail

理学療法士・作業療法士がブログで情報発信する意義と5つの注意点

 こんにちは。作業療法士の「なかの」です。

 そういえばこのブログでは冒頭で挨拶をしていなかったことに気付き、挨拶してみた。笑

 よくある「当ブログへお越しいただき…」的な典型的なご挨拶が必要かどうかは別にして、折角訪問してくださった方に名前も名乗らないのは失礼かと思い挨拶することにした。

 さてそのブログだが、セラピストによるブログでの情報発信が盛んだ。これはとても良い流れであるとボクは思う。

 ボク達の専門性は、自分たちがクライアントのセラピーにおいてだけ使えるものではなく、広く知ってもらうべき事が沢山あるからだ。

 今回は、一応月間50万PVを超える業界ではアクセスの多いブログを運営している者として、セラピストによるブログでの情報発信の意義と注意点についてまとめたいと思う。

療法士がブログを書く意義とは?

 「才能はそれを持たざる者の為にある」というのが、ユダヤの教えらしい。そういう話を聞いたことがある。

 ボク達の持っている専門性は、それを持たざる者の為にある。

 だからボク達の専門性を広く一般化することは、ボク達の重要な仕事の1つなのではないかと思う次第だ。

 障害を持つ人の為、障害を持つ人の家族のため、障害を持つ人と関わる人の為、学生のため、後輩のため、治療のため、予防のため…

 視点は様々だが、ボク達の専門性を発揮し情報発信することには大きな意味があるだろう。

 もはや社会貢献だとも思う。

療法士がブログを書く際の5つの注意点

 しかし、この意義のあるブログでの情報発信だが無闇矢鱈に更新していても意味が無い。

 読者に読まれ、読者が価値を感じ、何かしらの目的を達成されるものでなければ意味が無いだろう。

 多くの療法士ブログがある中で本当に読まれるブログを書かれている方はごくごく限られているように思う。

 ここでは、社会貢献としての情報発信が、本当の意味で社会貢献になるための注意点について書くことにする。

1.営業ブログはウザいだけ

 純粋に社会貢献の為にブログをやっている人は殆ど居ないだろう。何かしらの目的があるはずだ。

 ボクも整体サロンのブログを頑張って書いているが、「集客に繋がる」とか「広告収入が入る」というメリットがあるから頑張れている。

 しかし、それはブログ運営者側の目的であって読者の目的ではない。読者が〇〇さんに集客される為に読もう、〇〇さんの広告収入の為にバナークリックしてあげようとか考えるわけがないのである。

 にも関わらず営業モード丸出しのブログがある。ボクはこういうブログをゴマすりブログだと呼んでいる。

 読者にとってメリットのある「ご案内」があるのは良いと思うが、ゴマすりはウザいだけだ。自分のブログがゴマすりになっていないか注意してみよう。

2.読者にとって価値のある情報になっているか?

 あなたが書いている情報は誰のためのものだろうか?まずそこを明確に情報発信しなければ読者にとって価値のある情報を提供することはできない。

 「起業するにも、ブログ運営するにも身につけるべきたった一つの習慣」でも書いたが、ペルソナを設定し、その人の為になることは?と常に考えることによって読者にとっての有益な情報というのが生まれる。

 読者を明確にイメージし、その読者にとって価値のある情報かどうか?を常に吟味する必要があるのだ。

3.ブログは顔の見えないコミュニケーションである

 現在は情報社会である。情報が氾濫しているとも言えるだろう。何が正しくて、何が間違っているかも不明確になりつつある。同じ題材でも成否異なる内容がWeb上には多々ある。

 いくらあなたが正しいことを書いていたとしても、信用してもらえなければ意味が無い。

 あなたの人間性を知っている人が読むブログなら問題ないが、ブログという特質上あなたのことを全く知らない人にも読まれる可能性があり、その人達に信用してもらう工夫をしていなければ、あなたの情報発信は無駄だということになってします。

 はじめて見たブログで、その内容が上記のようなゴマすりブログだったらどうだろう?あなたはそのブログを信用するだろうか。恐らくしないだろう。

 あなたは、読者に対し信用されるように努めなければならない。

4.タイトルで読者に期待させなければ読まれない

 「理学療法士・作業療法士がブログを着実に運営したければタイトルを工夫しよう!」でも書いているが、信用されるも何も読まれなければ意味が無い。

 読まれてから信用されるのである。つまり、まずは読まれなければ意味が無い。そして、読まれるためにはタイトルが重要なのだ。

 読者は何かしらの目的があって検索し、その答えがありそうなページを探す。そのページに答えがありそうかどうかをタイトルで判断するわけだから、読者の答えがここにあるぞとアピールしなければいけないのだ。

 あなたのタイトルは読者にしっかりアピールできているだろうか。

5.出し惜しみしていないか?

 ゴマすりブログを書く人は、出し惜しみをする。

  • 一度に書けば良いことを数回にわける
  • ブログでかけば良いことをセミナーでしか提供しない

 これらは出し惜しみの典型例である。PVを増やすために分割したり、営利目的のために情報提供を拒んでいるケースだ。

 しかし、これだけの情報氾濫時代である。あなたが書かないことも既に誰かが書いているケースは少なくない。つまり、出し惜しみすることであなたは読者を失う事になるのだ。

 何度もいうが、読者は答えを求めてブログにやってくる。答えがなければすぐに離脱する。離脱されたら次回から敬遠される。そんなものである。

 一つの情報を書く際には「出しきる事」を考えておいて欲しい。(参考エントリー:理学療法士・作業療法士のブログ運営で大切なのは情報提供という奉仕の精神だ!

ブログで自分の目的を果たす方法

 最初にも書いたが、あなたも何かしらの目的があってブログを書いているだろう。集客なのか、広告収入なのか様々である。

 しかし、そのあなたの目的は読者に関係ないというのは既に書いた通りである。

 自分の情報によって読者の為になる情報を発信するという意気込みで、読者に読まれるタイトルをつけ、出し惜しみせず価値のある情報を提供し、読者から信頼を得る事が社会貢献である。

 これらはあなたの目的を達成する事と矛盾しているように感じるかもしれない。

 しかし、そうではない。

 あなたの目的が達成されるのは、ブログであなたが信頼されてからなのだ。信頼されるまでに商品が売れることはないし、集客に繋がることはない。

 あなたが、「読者のために!」と貢献し続けた先に信頼があり、あなたの目的が達成されることになる。

 だから、焦らず、読者の為にという貢献の心を持ち、継続することが重要なのである。

まとめ

 セラピストに限らず、誰の目にも止まらないブログっていうのには特徴がある。

 目的が不明確で、今回挙げた注意点をことごとく破っているブログだ。

 ボク達の専門性は間違いなく社会に貢献できる。そして、その貢献も心を忘れずに情報発信すれば、必ずあなたの目的も達成されることにもなるだろう。

 是非とも今回の内容を胸に、根気よく継続して欲しい。

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします