卒後教育
thumbnail

3ヶ月間海外ドラマを寸暇を惜しんで見た結果、ボクの英語力はこう変わった!

 ボクはこのブログを書きながら海外ドラマを見ている。

 もちろん、日本語字幕付きでないとまだまだ理解できないが、ブログは見なくてもほぼ間違いなくタイプすることができるのでドラマを理解することができる。

 寸暇を惜しんで見ているからブログの更新頻度が減っていたが、ようやくドラマを見ながらでもブログが書けるようになった次第である。

 さて、ボクはここ3ヶ月海外ドラマ漬けだ。間違いなく、仕事の時間よりも睡眠時間よりもドラマを見ている時間が多いだろう。完全に廃人とかしている。笑

 しかし、先日買った雑誌に元LINE社の社長さんが英語を身につけるためにはどっぷり浸かる必要があるというような事を書いていたらか、これはこれで良いのかなぁと思っている。

 ボクの中で「緊急ではないが重要なこと」の筆頭が英語力を身につけることだから今はこれで良いのだ。

 さて今回は、そんな廃人のような3ヶ月を過ごしてボクの英語力がどう変わったか?そして、今後どのような学習が必要か?についてシェアしたいと思う。

英語力の変化

 ボクの英語力は中学2年生にも負けているレベルだろうと思う。知っている単語も僅かだ。

 そんな英語ド素人のボクが3ヶ月間海外ドラマを見まくった結果、少し英語力に変化が起こってきた。

リスニング力が上がった!

 3ヶ月も仕事以上に海外ドラマを優先させているのだから当然だろうが、確実にリスニング力は向上している。

 ただし、条件付きだ。「知っている単語に関して」という条件だ。

 知っている単語に関してはネイティブの発音がある程度聞き取れるようになった。

 これはボクが海外ドラマばっかり見ていることに対する大いなる言い訳になってくれている。

意外なフレーズを覚えられる!

 あくまで日本語字幕が資料になっているわけだが、「へぇ、そんな使い方するんだ!」という気付きがある。

 代表的なものが「I’m sorry」だ。ごめんなさいという訳が一般的だが、「お気の毒に」とか「残念だわ」とかいう使い方もするのだ。

 後は色んな使い方をされる動詞である「take」「give」を使うシーンや使い方など普段とは違った使い方をする英語を耳にする機会が増えたのだ。

スピードに慣れた!

 英語学習においては本当に慣れが重要だということが分かった。

 最初は知っている単語もスピードが早すぎて聞き取れなかったが、最近では危機的状況でかなりアドレナリンが出ている状態の早口でも聞き取れるようになってきた。

 3ヶ月ドラマを見まくっての教訓は「習うより慣れよ!」だ。

今後の対策

 こんな状態のボクだが、同じことを繰り返していてもこれ以上の英語力は身につかないだろう。

 明らかな不足事項もある。それが以下の2点。

  1. 文法や熟語が分からない
  2. 知っている単語数が少なすぎる

 これをどうやって勉強するかが課題である。

 海外ドラマの英字幕で勉強するってのも方法の1つだが、それでは今のようにドラマが楽しめない。まだ先の方法だ。

 そんな中、以下の様な教材を発見した。

僕が無料の英語マンガで楽にTOEIC900点を取って、映画の英語を字幕なしでリスニングできるワケ

僕が無料の英語マンガで楽にTOEIC900点を取って、映画の英語を字幕なしでリスニングできるワケ

 で、「無料の英語マンガで楽しく英語の勉強ができるwebサービス・アプリ7選」という記事があったから参考にしたいと思う。

まとめ

 今回はセラピストに対する情報提供というよりは万人に向けての情報発信となったが、セラピストにも英語は必須だと思っている。

 それは過去のエントリーでも述べた通り。

 huluを契約すれば月々1000円ほどで動画が見たい放題である。最新のシーズンが配信されるまでには時間がかかるかもしれないが、少なくとも既存のドラマだけを見ていても1年は充分に楽しめるだろう。

 ボクはhuluを価格以上に使っているという自信がある。笑

 是非ともhuluで英語学習を進めてみて欲しい。

参考エントリー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします