評価と治療

理学・作業療法士が知っておくべきシーティングの目的とは?

 シーティングは身体障害分野に携わる療法士であれば大きな興味の一つだと思う。

 坐位姿勢を持続的にキープできるのと、できないのとでは生活の幅が大きく変わることは想像に容易いだろう。

 しかし、このシーティングだが目的を間違うと全く無意味なものどころか害にするなるのだ。

 そこで今回はシーティングの目的について書きたいと思う。

シーティングの目的とは?

 「理学療法士・作業療法士はもっと患者の「いい部分」を評価できなければいけない」にて、良い部分を評価し活かすリハビリテーションについて述べた。

 その中で良い部分とは使える部分であったり、使えるようになる見込みのある部分とし、悪い部分は使えなかったり、期間中に使えるようになる見込みがない部分であるとした。

 で、この悪い部分に対するアプローチで考えられることの一つとして補装具などが挙げられるのだ。

 シーティングとは、悪い部分を良い部分に変える方法論の一つである。つまり、シーティングの目的とは、悪い部分を良い部分に変えることであり、あくまでその先の活動だったり参加だったりが重要であるのだ。

 悪い部分をシーティングによって良い部分に変える事ができ、クライアントの望む活動ができるようになったとしたら、意味のあるシーティングであると言えるだろう。

 もし、シーティングによって良い部分に変えることが出来なければ、無意味である。また、無意味な事のためにクライアントの時間を使ったとなれば害である。

シーティングは坐位能力向上訓練ではない

 しかし、現場を見てみると「姿勢を作る」事を目的にシーティングが行われているように思う。

 セラピストの目的をクライアントに押し付けられている状態である。

 何らかの方法でクライアントの姿勢が良くなっていても、それがクライアントの望む活動や参加に結びついていないのであれば、それはやはり害のあるアプローチなのではないか。

シーティングの目的を考えたアプローチとは?

 では、どのようなシーティングが目的に沿ったアプローチなのだろうか。

 具体的な方法論は別の機会に書く予定だが、より機能的な坐位を獲得してもらうためには、具体的な評価が必要である。

 坐位能力低下ではなく、何が原因で坐位能力が低下しているのか?が重要だ。

 坐位能力を低下させている原因に対してサポートを行うことによって、クライアントは機能的な坐位を獲得し、その先の活動だったり、参加に活かせるのである。

まとめ

 シーティングに限った話ではないが、セラピストは機能向上に情熱を注ぎすぎているのではないかと思うことがある。

 各種療法なども活動や参加レベルで考慮すべき所を、クライアントの機能面に注目しすぎて、その治療の目的を見失っていることがあるのではないだろうか。

 シーティングに関しては悪い部分である坐位を良い部分に変え、クライアントの望む活動や参加を獲得することにある。

 その目的を忘れず、クライアントの機能的な坐位の獲得のためアプローチしていって欲しいと思う。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします