評価と治療

作業を用いて治療をする作業療法とは?個人的に定義してみた

 作業療法士がベッド上でROM-ex.や筋力トレーニングをすることがある。また、坐位や歩行の訓練をすることもあるだろう。

 しかし、それを理学療法士の仕事だと言う人もいる。

 作業療法士は「作業活動」を通じて治療すべきだと。

 最近では「OBP:Occupation Based Practice(作業に基づく実践)」という言葉も出てきている。

 ボクはROM-ex.や筋力トレーニング、また坐位や歩行の訓練をすることはダメだとは思わない。プロ野球選手が試合前に最高のパフォーマンスが発揮できるよう準備体操をするように、クライアントが最高のパフォーマンスを発揮するための準備運動をする為のものであれば必要だ。

 しかし、曖昧だ。作業に基づく実践、作業を用いてセラピーをするとはどういうことなのだろうか?

 今回は、この作業療法の根本についてまとめてみたいと思う。

作業とは何か?

 日本作業療法士協会は以下のように定義している。

日常生活の諸動作や仕事、遊びなど人間に関わるすべての諸活動をさし、治療や援助もしくは指導の手段となるもの

 また、世界作業療法士連盟(WFOT)では以下のように定義している。

人が自分の文化で意味があり行うことのすべて

 そして必要ないかもしれないがボクの解釈も付け加えておこう。

 作業療法学生が評価すべき「活動」と「参加」のことでも書いたが作業とはICFで言うところの「活動」と「参加」そのものの事である。

 作業とは、日本語で定義すると難しくなると英語の表記をそのまま用いると「Occupation」であり、直訳は「占める」である。

 ボクはこれを人生や生活において「占めている」時間だと解釈している。つまり、ボクの「作業」の解釈は以下の通りだ。

 生活全般であり、人生そのものであり、その人そのものである。

では、作業療法とは?

 ここで「作業療法」を再考してみよう。

 理学療法士及び作業療法士法では以下のように書かれている。

 「作業療法」とは、身体又は精神に障害のある者に対し、主としてその応用的動作能力又は社会的適応能力の回復を図るため、手芸、工作、その他の作業を行なわせることをいう。

 また、日本作業療法士協会は以下のように定義している。

 作業療法とは、身体又は精神に障害のある者、またはそれが予測される者に対し、その主体的な生活の獲得を図るため、諸機能の回復、維持及び開発を促す作業活動を用いて、治療、指導及び援助を行うことをいう。

 作業療法は「Occupational Therapy」である。

 つまり、作業療法士はクライアントの失ってしまった作業や、パフォーマンスが発揮できていない作業に関してのTherapyを行う者である。

 このTherapyの内容に関して法律や協会の定義にて手工芸や作業活動(主に手工芸を想起させる表現)という表現が用いられているために作業のイメージが狭小化しているように思う。

 養成校や病院・施設のWebサイトにおける作業療法の紹介にもこのような手工芸、作業活動を行っている風景を用いているものが多々見られる。その為世間に対しても、作業療法士に対しても狭まったイメージを与えているのは問題点だと感じる。

 Therapyの手段は可能なら目的とする作業そのもので行うのが望ましいだろう。手工芸がクライアントの望みなのであれば手工芸そのものを使えばいい。しかし、そういうケースは少ないのではないだろうか。作業療法士はクライアントの望みに即した作業を選択し提供しなければいけないのである。

まとめ

 作業療法というとどうしても手工芸的イメージが強い。

 しかし、実際はそうではないしボク達作業療法士自身がしっかりとした作業療法の、そして作業の意味をしっておく必要がある。

 ボク達が明確な認識を持ちクライアントに伝えれば徐々に正しい認識は広がるだろう。

 ボクは理学療法士ではないので、理学療法とは?について今回は触れなかったが、理学療法士は理学療法士でしっかりとした認識をもっておくべきである。

 「作業療法士がファシリテーションテクニックを学ぶべき理由とは?」にも書いたが、作業療法士がクライアントの作業に対して支援する為のツールとしてのファシリテーションは大賛成だし、準備運動としてROM-ex.や筋力トレーニング、坐位や歩行の訓練を行うのも大切だと思う。

 しかし、ボク達の照準は常にクライアントの求める作業だし、それを引き出す努力をしなければ良い作業療法は提供できないと思っている。

 是非、クライアントが真に望む作業を提供していって欲しい。(参考エントリー:生活行為向上マネジメントが主流になるとカウンセリング、コーチング技術がますます必要とされる件

作業療法を創る (―この50年のナデシコ・サムライたちの挑戦―)

作業療法を創る (―この50年のナデシコ・サムライたちの挑戦―)

  • 作者: 鎌倉矩子,岩?清隆,澤治子,辰巳三代子,古川宏,山根寛,種村留美,藤原茂,辛島千恵子,小川敬之,田中順子,目良幸子,石井晴美
  • 出版社/メーカー: 青海社
  • 発売日: 2015/06/23
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします