ブログ運営法
thumbnail

理学療法士・作業療法士がブログやるなら文章力をもっと磨くべきだ!

 ボクは他人のブログをあまり読まない。読むブログは限られていて、為になる内容のものばかりだ。

 そして、そのブログのテーマにある程度精通してきたらほとんど読まなくなる。つまり、常に面白い内容を提供している人のブログと、何か手に入れたい知識を身につけるための内容を提供している人のブログしか読まない。

 主に読んでいるのはニュースと本。雑誌は協会から来るものだけは目を通している。

 でも多くの方はそうではないだろうか。目的が無ければブログは読まない。目的があって辿り着いたブログでも内容が求めているものでなければ直帰する。

 「理学療法士・作業療法士がブログを着実に運営したければタイトルを工夫しよう!」というエントリーを先日書いた。

 ユーザーに何らかの悩みや問題があり、それを解決しようと検索を行い最初に目につくのがタイトルである。

 だから、タイトルを工夫し読まれる努力をしなければいけないという話だ。

 だが、タイトルに惹かれて読みに行ったがタイトルと内容が合ってなかったり、誇張したものだったとしたらいわゆる「釣り」だし、内容が薄ければ「嫌がらせ」であり、書いてることが意味不明であれば「バカさの露呈」である。

 今回は、理学療法士・作業療法士がブログをやるならもっと文章力を磨くべきだという提案をしたい。

文章力の低いブログを読んだ感想

 ん?何が言いたいの?

 それが率直な意見である。昨日たまたま読みに行ったブログを読んでの感想だ。

 世の中の作業療法士が生活行為向上マネジメントについてどのように考えているか、どのような意見を持っているかが知りたくて読んだのだが、タイトルと内容が合っていないし、生活行為向上マネジメントの感想は述べられていたが、何が言いたいかが全く分からない。

 このブログの目的って何なんだ??という内容だった。

 申し訳ないが面白くないブログだった。

文章力は書くことによって伸びるが…

 文章力は書くことによって高まる。だからブログもどんどん書けばいいと思う。

 しかし、最低限の文章力は世界に向けて発信する前に身に付けておいた方が良いだろう。

 どうすれば良いだろうか。

 それはそのブログを書く「目的」を明確にすることだと思う。

 多くの文章力がないと感じるブログは目的が不明確なように思う。目的が不明確だから何が言いたいのかわからないのだ。

 ブログを書く前に。読者(具体的な誰かをイメージすると良い)に対して、何を目的に、どのような内容が伝えたいかを明確にしよう。

 それを明確にすることで、目的のある内容が書けるようになるだろう。つまり、それは読者にとって意味のある内容となり、読まれるブログに育っていくだろうと思う。

まとめ

 ブログを書いているセラピストは結構いる。

 が、まだ満足いく内容のものに出会ったことはない。

 誤解を招かないように伝えておくが、知識が無いとか、間違いを書いているという理由ではない。

 ブログで知識や技術について書くくらいだから自信もなく書けないだろう。そうではなく、その知識(内容)を公開する目的が不明確だから、で何が言いたいの?って事になっている。

 殆どのブログがそうだ。

 まずは、自分のブログを読み直し、目的が明確になっていて、読者に対し伝えるべきことを明確に伝えられているか確認してみて欲しい。

 ちなみに、下の本はブログ運営の参考書だ。参考までに。

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記

必ず結果がでるブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える

必ず結果がでるブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える”俺メディア”の極意

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします