ブログ運営法
thumbnail

理学療法士・作業療法士がブログを着実に運営したければタイトルを工夫しよう!

 『理学療法士・作業療法士のブログ運営で大切なのは情報提供という奉仕の精神だ!』にて、理学療法士・作業療法士のブログを運営する目的について書かせて頂いた。

 思い当たる節があるブログ運営者もいらっしゃったのではないかと思う。

 で、このエントリーは思い当たる節が合った方に向けて書いている。だから、前のエントリーをまだ読んでいない方は是非先に読んでおいて頂きたい。

 自分のブログの目的が不明確で、読者に響く文章が書けていないと思った。では、どうすれば良いのか?が次の問題である。

 今回は、その問題に対する答えを書いていきたい。

 結論から言うと、タイトルにあるようにブログ・エントリーのタイトルを工夫することから始めて欲しいのだが、ブログタイトルをどのように工夫し、変えていくことで、どのようなメリットがあるかについて書いてみようと思う。

ブログ・エントリーのタイトルの重要性

 様々な媒体で既に書かれていることの繰り返しにはなるが、前のエントリーでの問題をクリアしていない方は、恐らくそのような媒体に書かれていることをご存じないと思うので、改めて書いている次第である。

 ブログ・エントリーのタイトルはなぜ重要か?

 それは、何かしらの問題を抱えた人が、その解決法だったり、ヒントをGoogleやYahoo!検索で探そうとした時に一番に目にする部分だからである。

 また、それはfacebookやTwitterで流れてきた時に、自分にとって意味のある(あるいは面白そうだと思う)エントリーかどうかを判断するのもタイトルからである。

 つまり、タイトルに興味が惹かれたり、意味があるサイトだと読者に認識されなえればいくら検索エンジンで上位表示されたとしてもスルーされるのがオチなのだ。

ブログ・エントリーのタイトルの付け方

 では、どのようなタイトルにすべきだろうか。

 それは読み手に対して、何が書かれてあるか一目瞭然で、且つ限りなくシンプルなものが良いだろう。

 読み手に対して一目瞭然であるためには文字数が増えてしまうため、シンプルになりにくい。しかし、余計な言葉を使わず一目瞭然で且つシンプルなタイトルを考えてみて欲しい。

 数字を入れるのは効果的である。「糖質制限ダイエットの効果と方法」というタイトルよりも、「1ヶ月で5kg痩せる糖質制限ダイエットの効果と方法」の方がよりこのブログに書かれている内容が明確だろう。

 そして、「検索されるキーワード」を意識することが重要だ。

 先の例で説明するなら「糖質制限ダイエット」と共に検索されるワードとは何だろう?と考えると「効果」や「方法」というものが考えられる。

 だから、それらのワードを無理なく結びつけタイトルにすると良いだろう。

ブログ・エントリーのタイトルを考える付随的メリット

 ここまでは色々な所で言われているブログ・エントリーのタイトルの付け方を考えるメリットである。

 しかし、ボクはこれに加え付随的なメリットがあると考えている。

 あなたはブログ・エントリーのタイトルを文章を書く前に決めているだろうか?それとも後か?

 ボクは最近はテーマを決めて、文章を書き、最後にタイトルを調整するという方法を主に使っている。

 だが、本格的にブログを運営し始めた当初は、先ずタイトルを決め、それに見合った文章を書くという方法にしていた。(※もちろん、書いているうちに内容とタイトルが合わなくなったら修正はしていたが…。)

 何故そのような方法を取っていたかと言うと、タイトルに見合った文章でなければ読者を裏切ることになるからである。

 一目瞭然のタイトルは、文章のハードルを上げることにもなる。タイトルと文章が見合っていなければ読み手は裏切られた気持ちになるだろう。

 ブログ・エントリーのタイトルを先につけることで、ボクは読者と約束をするという心積りをしていたのだ。このタイトルに見合った文章を書くぞという意気込みのもと文章を書き始めるので、文章力も次第に上がっていったと思っている。

まとめ

 ブログ・エントリーのタイトルは読み手がそのブログを訪問するか否かを考える最初の関門である。

 いい加減なタイトル付けをしてしまうと、ブログを訪問してくれる人は少なくなるだろう。

 また、ブログ・エントリーのタイトルだけ気にして、中身がないブログも嫌われる。リピーターになってくれる確率は減るだろう。

 しかし、奉仕の精神を持ってしっかりとした目的を運営しようと思っている人は、読者に提供したい情報があるはずだから文章の内容は濃い場合が多いだろう。

 だから、その価値ある文章をより多くの人に読んでもらうためにも、ブログ・エントリーのタイトルは重要である。

 是非ともご自身のブログを見なおしてみて欲しい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします