哲学・科学・理論

理学・作業療法でエビデンスレベルの高い研究は難しい件

 エビデンスベースドのアプローチが当たり前となっている昨今だが、我々の業界においてはエビデンスレベルの高いエビデンスの構築が非常に難しい。

 例えばシングルケーススタディにおいて、「〇〇の患者に△△をすると〜〜という結果が得られた」という研究もエビデンスである。

 だからこのエビデンスに基き、自分の担当する患者の治療を行うというのは、エビデンスベースドプラクティスだと言えるだろう。

 しかし、世の中にはエビデンスレベルという言葉がある。(参考:エビデンスレベル分類・推奨グレード分類 ※PDFファイル)

 エビデンスレベルの高い研究法の1つとして、2重盲検試験という手法があるが、ボク達はこの研究を行えない。

 何故なら、患者は自分の受けている治療が試験群なのか対照群なのか知らないが、セラピストは知っているからだ。

 この事により、プラセボの効果を排除できない。

 また、セラピスト一人ひとりの技術差がある以上、徒手療法におけるエビデンスレベルが高い研究はできない。

 研究において重要なのは再現性だからだ。

 では、我々はエビデンスレベルの低い研究で地道に効果判定をしていかなければならないのか?

 今回はそういう問題について考えたいと思う。

ボク達は機械じゃない

 ボク達は機械じゃない。同じようにやっていても、同じ結果は得られない。

 人と人との関係性において治療を行っているから、仮に機械のように同じ事ができたとしても、治療効果は変わってくるだろう。

 プラセボを排除することができない以上、ボク達のできる研究において高いエビデンスレベルを求めるのがそもそも間違いなのかもしれない。

 さて、ではどうしたら良いだろうか。

セラピストの技術を定量的に評価する

 セラピストの技術をある程度定量化できれば、ある程度高いレベルの研究が可能かもしれない。

 だれか、セラピストの技術を定量化する評価法を開発してくれないかな。笑

エビデンスレベルの低い研究を馬鹿にしない

 エビデンスレベルの低い研究において、ボク達は再現する事が難しい。先ほどの述べたようにプラセボの効果を排除できないし、セラピストの技術もわからないからだ。

 しかし、「当該研究を行ったセラピストが実際に効果を上げた」という事実は列記としたエビデンスだ。

 もちろん、可能な限りそのエビデンスレベルは上げてほしいから、ランダム化比較試験を一人のセラピストが両群に対して、できるだけ患者に悟られ無いよう配慮しながら、できるだけ沢山の患者に対して治療するという努力は必要である。しかし、仮にシングルケーススタディであったとしてもボク達はその結果をしかと受け止めるべきである。

 エビデンスレベルがどうであろうがボク達は、研究結果を確認、実践し、もし効果が出なかった場合に、エビデンスレベルが低いからとか、研究に問題があったのでは?と疑う前に、まず自分の技術を疑うという態度が必要かもしれない。

 ボバースコンセプト、PNFコンセプトに基づくアプローチは、他の治療法と比べて優位な差は無いとされているがそれはセラピストの技術レベルが一定ではないからだ。

 技術を持った人間が介入したデータを元にすればまた違う結果が出てくるような気がしている。

まとめ

 理学療法・作業療法効果を社会に認知させていくためには、エビデンスレベルの高い研究結果が必須である。

 しかし、それを作り上げる為には多くの問題があることは上で述べたとおりだ。

 だからと言って何もしないわけにはいかない。ボク達は自分たちの手で業界を守っていかないといけないからだ。

 その為にも、ボクの考える提案は「セラピストの技術を定量評価する方法の開発」「エビデンスレベルの低い研究結果の捉え方を変える」という2つの方法を考えた。他にもあると思うので、気付いた方は是非教えて欲しい。

 現場レベルでできるのは技術の研鑽と、日々の効果判定を定量的に残すことだろうか。

 セラピスト一人ひとりの意識の変化によって、このエビデンスレベルの高い研究結果を得るという難しい課題にも立ち向かえるように思う。

 ボクも含めて、しっかりと取り組まなければいけないと思っている。

追伸…PNF関連記事まとめ

 以下にPNF関連エントリーをまとめたので興味のある方は合わせてお読みくださいまで。

参考:PNF(固有受容性神経筋促通法)に関するエントリーまとめ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします