起業・経営
thumbnail

集客に悩んでいる開業理学・作業療法士が取り組むべき事とは?

 ボクは自分の整体サロンで集客の為に取り組んでいることはただ1つ、できるだけ毎日ブログを書くことである。

 このブログを始めてからは毎日とまでは行かないが、先月は18記事書いているので2日1日以上のペースでは書いている。

 で、このブログを主な手段として集客しているわけだが、それで十分満足できる数の集客ができている。

 もちろん、試行錯誤があっての上ではあるが、現状ではそれなりに満足している。

 起業や開業するに辺り、多くのセラピストの当面の悩みというか不安が集客ではないだろうか。

 また、現状集客に悩んでいるとしたら、それは1つ足りていないことがある。

 今回は、セラピストが集客に対して取り組むべきことについて書きたいと思う。

集客のメカニズム

 まずはどのようにして赤の他人が来店してくれるのか?あるいは購入してくれるのか?

 そのメカニズムについて知っておこう。

1.認知してもらう

 まず、全くあなたのお店の事を知らない赤の他人があなたの店なり商品・サービスなりについて知ってもらう必要がある。

 知らなければ買うことも、来店することもできないから当然である。

 では、どうやって認知してもらうか?

 それが『広告』である。広告をうって認知してもらうのだ。

 広告については様々な媒体がある。

 テレビやラジオのCM、新聞・雑誌の広告、チラシ(折込、ポスティング、ハンディング、置きなど)、フリーペーパー、ネット広告などなど様々だ。また、口コミもお客が営業マンになるという意味において広告だ。

 で、ボクの場合は資金力がなかったから、テレビやラジオ、新聞や雑誌の広告というマスメディアを使うという選択肢は最初からなかったし、その必要性は「集客」という目的に限定するならボクは今のところ必要ないと思っている。

 ホットペッパーなどのフリーペーパーの集客力は魅力的だが、やはりお金がかかるし、リピート率というものに不安材料が残る。

 だから、ボクに残された方法はネット広告かチラシという判断になる。

 チラシは店頭には置いているが、ポスティングやハンディングは行っていない。理由は時間がかかるからだ。もちろん外注も可能だが、お金がかかる。

 ネット広告はグーグルやヤフーなどに出稿する形式だが、これも(特に美容・健康業界は)クリック単価が高く、ペイしにくくなりつつある。

 だから、ボクはホームページが上位表示されるための努力を行うことにした。人気ブログを作り、そのWebSiteが上位表示されるようコツコツと努力したのだ。

 だが、これに正解・不正解はない。どれを使ってもいい。お金があるなら広告費をかけて集客すれば良いし、お金がないなら自分の時間を使うしかない。

 10000枚のチラシをポスティングして、反応が10件だとしたら、あなたが配布すべきチラシの数は見えてくるだろうし、ボクの場合はその努力よりもブログを育てるという努力を選んだまでである。

 他人から認知されるためには、お金か時間、または両方の投資が必要なのだが、多くの方はこの投資を怠って集客できていないのである。

2.信頼させる

 ここまで世の中が広告にあふれてくると、人は基本的に広告を疑ってかかる。あなたにも経験はないだろうか。

 あなたからの広告を受け取った他人は基本的にあなたが提供する情報を疑ってかかる。

 疑っている人を覆し、信頼を勝ち取らなければ来店には繋がらない。

 では、どうすれば良いか?

 これにもテクニックは色々あると思うが、お客様が信頼するのは店にではなくあなたである。

 あなたがどのような人間で、どのような思いで、どのようにしてサービスを提供しているか?が明確でなければまずお客様はあなたのことを信頼してくれない。

 また、あなたを信頼するかどうかは情報量にも比例するかもしれない。

 だから、必ずWebSiteは用紙するべきだろう。全ての情報がA4のチラシに載せきれるほどあなたという人間は薄っぺらくないだろう。笑

 あなたの人間味をしっかりと表現したWebSiteを持つこと、全ての広告媒体にWebSiteへのアクセス方法を明記しておくことも重要だと思っている。

3.誘惑する

 例えば整体サロンだとしよう。

 あなたの事は信頼できる。だから、次行くときはここにしょう。

 ここで終わってしまっては、あなたの店に来店することはほとんどなくなるだろう。

 お客様に今すぐ行動してもらわなければならない。

 つまり、今すぐ予約をしたくなるような誘惑をしなければならない。

 よくあるのは期間限定だったり、数量限定だったりだが、別にサービスをつけなくても今すぐ予約するメリットがしっかりお客様に伝わればそれでいいと思う。

 あなたは何でお客様を誘惑するだろうか。

集客の為にすべきこと

 以上が、お客様が購入・来店するメカニズムで、この精度を高めたり、量を増やすことで集客数は大きくなっていくだろう。

 で、多くの方が失敗しているのが『認知してもらう』のフェーズだと思う。

 認知してもらってないのに、広告の精度や誘惑の内容を吟味しても全く意味が無いのがお分かりだろうか?

 認知してらもうフェーズが一番重要で、一番大変なのだ。だから、努力が必要となる。

 仮にお金を使って広告する場合でも、しっかり採算がとれる広告額なのか、顧客獲得単価をいくらに設定すれば良いのか?などは頭を使わなければいけない。

 顧客獲得単価があまりかけられないのであれば、自分が努力するしか無い。営業後にポスティングに走ったり、空き時間にハンディングしたり、色んな集まりに顔を出して直接営業したり…。方法は様々だが確実に努力を要する。

 この努力するための『覚悟』があなたにあるなら、集客で悩むことはないだろうし、無闇矢鱈に広告費を高くすることもなくなるだろう。

 そして、その『覚悟』をする上で重要なのが『興味』である。

 ボクは文章を書くことに興味があったし、どちらかと言えば得意だった。だから、文章を書く時間を投資して、顧客獲得に繋がるという方法を選択したのだ。

 無心にポスティングする時間が思考の整理に繋がって好きだという人が居たらポスティングを選択すれば良いし、見込み客と直接話して営業したいという人はハンディングや、直接営業という方法を選択すれば良い。

 要するに向き不向きを考えて選択すると、集客のための覚悟はしやすくなるのではないだろうか。

まとめ

 集客とは別に難しいものではない。

 あなたも色んな店で色んな商品やサービスを購入しているだろう。

 多くの人も消費はするのだ。

 で、その消費する相手としてあなたを選んでもらえるかどうか?である。

 その為には少々覚悟が必要だが、それさえあれば必ず集客できるのだ。

 もしこの覚悟がないようだったり、大量の広告費をかけるしかない。それで、しっかり稼げるならそれでも良い。だが、低価格帯の商品やサービスを扱う場合、多くの広告費はかけられない場合が多いから、やはり、努力をする覚悟はある程度必要ではないかと思う。

 その覚悟が持てないなら、起業や開業は止めた方が良いかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします