雑記

理学・作業療法士が社会的地位を上げる為に必要な知識とは?

 ボクはセラピストは身体の事や、心の事や基礎医学や治療学をもっともっと学ぶべきだと思っている。ボク自身もっともっと学びたい。

 まだまだ足りない。だけど、1日に読める本の量は決まっているし、参加できるセミナーの回数は限られている。

 出来る限り医療、治療・評価など患者のメリットに繋がる事に対して投資したい。あなたもきっとそうだろう。

 しかし、我々は同時にセラピストの社会的地位を上げていかなければならない。

 一番分かりやすい指標は認知度である。

 医師を知らない人も居ないし、飲食店を知らない人も居ない、コンビニ店員を知らない人も居ないだろう。

 栄養士…。これは大丈夫だろう。レントゲン技師…。微妙になってきた。臨床検査技師…。ヤバイ。理学療法士・作業療法士はどうだろうか。

 決して認知度の高い仕事とは言えない。

 何故か?

 ボクは理学療法士・作業療法士の社会への影響力の低さが原因だと思っている。つまり、理学療法士・作業療法士の社会的地位が低いということである。

理学療法士・作業療法士が社会的地位を上げるために必要な事とは?

 では、我々は社会的地位を上げるために必要な事は何だろうか?

 ここからはボクの全く持論だが少々お付き合い頂きたい。

社会に影響力を与えるパワー

 社会を動かしているものは何なのか。ボクは以下のように考えている。

  1. 政治力
  2. 経済力
  3. 物理的パワー
  4. 求心力
  5. マーケティング力

 具体的には、政治家、財界人、官僚、警察、ヤクザ、宗教家などである。

 医師会には政治力があるし、公務員は官僚として力を持っている、宗教・警察・ヤクザがそれぞれ力(権力とお金)を持っているのも分かるだろう。

 しかし、我々セラピストは数名政治家として活躍している人は居るかもしれないが、まだまだ社会に影響を与えられる人材は育っていないと言えるだろう。

セラピストが社会的地位を上げるために必要な知識とは?

 では、我々はこれから何を学び、どのように行動していくべきなのだろうか?

 ボクは頭でっかちにならないことが重要だと思う。

 我々は患者のために、自分の知識や能力を上げるための投資を怠らない。しかし、そこに固執してはいないだろうか?

 最近では、起業するセラピストも増えてきているから、医療に関する事以外にビジネスに関する事を学んでいる人も多いだろう。しかし、上場するレベルの人間は出てきていない。

 ボク達がこの社会に影響力を及ぼすために必要な知識とは何なのか…?

政治について知る

 ここ数日安保法案に関する話題が断たない。

 で、あなたはこの安保法案についてどれだけ知っているだろうか。

 まさか、マスコミの言うように戦争法案だとは思っていないことを祈っている。これは思想の問題ではなく、事実である。ボクは右にも左にも偏らないように意識している。

 安保法案は一例ではあるが、その時々で法案や、選挙、政策などなど世間を騒がせている諸々についてあなたはしっかり把握しているだろうか。

 もしかしたら高齢の患者よりも知識が薄いのではないだろうか。これはヤバイ。

 政治について知ることから初めなければボク達は社会に影響を与えられるようにはならない。

お金について知る

 ボクは経済とは、お金に関する知識の一部だと思っている。だから、お金について知ることが重要だと思う。

 稼ぐために必要なこと。節約・守る為に必要なこと。殖やすために必要なこと。お金にはこの3つの考え方がある。

 で、これらに付随して経済のことだったり、経営のことだったり、投資のことだったり、色んな知識が必要となってくる。

社会の仕組みについて知る

 社会は誰の得になるように出来ているだろうか。

 資本主義社会においては、お金持ちの為の社会であるし、お金を稼げるところに居る人の為の社会となっている。

 当然だ。資本主義社会なのだから。

 セラピストは社会的に見て収入は少ない。だから、社会的地位が低いのである。

 社会の仕組みを知り、我々がどのようにそこへ食い込んでいけるかを知る必要がある。

まとめ

 ボクは予防に関する知識や技術をセラピストに伝えていきたいと思っている。

 しかし、予防という視点は別に健康に関することだけではない。色んなことに予防という概念は持ち込める。

 セラピストの社会的地位をあげるというのは、日本国民全員の予防意識を高めるために関すると思っている。

 だから、ボクはこういった知識をセラピストに伝えていかなければと思っている。

 政治の事、お金の事、社会の事などなど、セラピストの社会的地位を上げるためには、セラピストの人間的価値を高めなければならない。

 ボクはセラピストの人間的価値を高める為の活動をしていきたいと思う。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします