卒後教育
thumbnail

英語のできる理学療法士・作業療法士が一歩先を進める理由

 自慢ではないが、ボクは英語がさっぱりだ。ボクが作業療法士として臨床で仕事をしていた時、情報源としてフォローしていたセラピストは全員英語ができた。

 その後約10年。かなりの時間が経った。当時と比べてボクの情報源となりうる先生方の面子はほとんど変わっていたない…。つまり、英語ができる先生ほど情報源として使える人たちはいないのだ。

 その間、ボクも英語力が成長していない。

 少々危機感を抱いている。日本語圏という限られた世界からしか情報収集できないという現状はセラピストとして淘汰される条件になるのではないか?とさえ思う。(参考エントリー:作業療法士はロボットに取って代わられる仕事ではないが、淘汰される職種だと思うよ

 ここでセラピストとして英語の必要性と、ボクが実践している勉強法をシェアしておきたい。

英語の必要性

 作業療法やその他医療に関する研究が一番進んでいる国はどこだろうか?間違いなく日本ではない。

 いや、仮に日本だったとしても先端の研究はすべて英語で発表される。

 つまり、最先端の情報は日本語では手に入れられない。英語で情報収集した誰かが、日本語に訳してあなたに提供しなければ、あなたはその最先端の情報を手に入れることはできない。

 食事法、栄養学、ダイエット、トレーニング、心理学などなど。我々が必要とする最先端の情報はすべて英語でもたらされる。

 英語ができないがために、それら情報にアクセスするためには一歩遅れる。(いやいや、ヘタしたら5年以上遅れることもザラにある。)

 最先端の情報が必要かどうか?に関しての判断は読者であるあなたに委ねたい。が、冒頭にも述べたように、ボクが情報源としてフォローしている業界の先人はみな英語ができるのだ。

 ちなみに余談ではあるが、ボクが臨床時代一番参考にしていたのが今川忠男RPTだった。(※ちなみにボクは小児領域に携わるセラピストだった。)

脳性まひ児の24時間姿勢ケア―The Chailey Approach to Postural Management

脳性まひ児の24時間姿勢ケア―The Chailey Approach to Postural Management

  • 作者: E.P. Teresa,M.C. Sandy,M.M. Catharine,M.G. Elizabeth,今川忠男
  • 出版社/メーカー: 三輪書店
  • 発売日: 2006/05/01
  • メディア: 大型本
  • クリック: 5回
  • この商品を含むブログを見る

脳性まひ児の早期治療

脳性まひ児の早期治療

脳性まひ児と両親のための機能的治療アプローチ

脳性まひ児と両親のための機能的治療アプローチ

 これらがボクが参考にした書籍ベスト3だ。小児領域への実習が控えているなら学生の頃から持っておいてほしい。

英語の勉強法

 では、ボクがどのように英語を勉強しようと試みているか?

 基本的には2つの方法を実践している。『読み・書き』と『聞き取り』である。

 英語学習法には色々な考え方があり、そのいずれも間違いではなく正解だ。では、我々はどうすれば良いのか?

 一番良いのはネイティブ・スピーカーの恋人を作ることだろう。だが、ボクには妻子がおり若干問題がある。

 で、仕方なく読み書きを高める学習と聞き取りを高める学習だ。

セラピストのための読み書き練習法

 別にセラピストのためのというわけではないが、我々が業界での地位を一歩高めるためには英語で論文を読めることではないだろうか?

 本当なら雑誌を一誌購読することをおすすめしたいのだが、それを毎月訳して読むのは難しい。だから、ボクがやっているのは興味のあるキーワードをpubmedで検索し、模写及び日本語訳をすることである。

 模写は、英語での「言い回し」を学ぶことができる。日本語でも作者によって言い回しが異なるように英語でもそれがあるからだ。

 模写をすることで、言いたいことをどのように表現するか?が学べる。

 また、日本語訳することで著者が言いたいことを理解できる。日本人による英語の専門書の訳本を読んで、その訳の稚拙さを嘆いたことはないだろうか?

 自分が英語を読めるようになれば、それを原著で読み、作者の言いたいことが理解できる。ついでに、洋画も作者の伝えたいことがリアルに伝わるよ。(ちなみに、洋画は英語ができないなら字幕でみるより吹き替えの方がリアルに伝えてくれるよ。)

セラピストのための聞き取り練習法

 これは別にセラピストのためのということはないが、子どもが言葉を覚えていく過程は聞き取りからだという脳科学者の苫米地博士の言い分を採用している。

英語は逆から学べ!~最新の脳科学でわかった!世界一簡単な外国語勉強法~特殊音源CD付き(全外国語対応)

英語は逆から学べ!~最新の脳科学でわかった!世界一簡単な外国語勉強法~特殊音源CD付き(全外国語対応)

 この書籍シリーズは聞き取り用のCDも付録としてついているので勉強になる。が、中々理解はできない。

 最近はCMの影響を受けてスピードラーニングでも買おうかと本気で悩んでいる。苦笑

まとめ

 実はこの論理はビジネスの世界でも成り立っている。

 マーケティングや経営学、リーダシップ論などボクが学んだ様々な知識は英語圏発祥のものが大半であり、日本にいち早くそのビジネスモデルを持ち込んだ人が日本では成功者と呼ばれている。

 つまり、日本における成功者のビジネスモデルは英語圏の考えを日本に持ち込む翻訳ビジネスといえるかもしれない。

 これはつまり、理学療法士・作業療法士の業界もしかりである。

 英語で最先端の知識を取り入れ日本で実践し、結果を出したらとしよう。あなたは一気にセラピストとしての認知度が向上するだろう。

 別に認知度なんて必要ないが、稼げるセラピスト(=時代に淘汰されないセラピスト)を目指すなら、これも必要かもしれない。

 是非、共に英語の能力を伸ばしていこう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします