雑記
thumbnail

私は治療を放棄したが、治療を追求する療法士を心から尊敬する

 今回は誤解を招いているのではないかと危惧されたので記事にする。

 誤解とは、私が治療追求の療法士をバカにしている的な感じである。勘違いしないで欲しい。私は治療を放棄したと表現することが多いが、タイトルの通り『お手上げ』なのだ。

 偉そうに言うことではないが、私は多くのクライアントに対しリハビリ効果を上げる自信がなくなったのである。

 もちろん、それは既存の技術をこのまま追求した先の話で、だ。

 現状のリハビリテーション業界で『私は効果を上げている!』なんて言う奴が居たら顔をみたい。それはそれはお見事なこと。ただ、申し訳ないが、そんなあなたは馬鹿だ。

 未来において、私は効果を上げている!と自信を持って表現できる世の中に、現状の満足できない状況から変化させていける療法士はいるだろう。

 私はその道を突き進むことに『お手上げ』なのだ。

 つまりは、私の言う治療を追求する療法士とは『治療効果があると証明することを諦めない療法士』のことである。

しかし、諦めることが悪ではない

 しかし、私は自分を正当化するわけではないが、諦めることが悪ではないと考えている。

 現在、理学療法士・作業療法士の養成校は『乱立』と言ってもいいくらいに増えている。また、健康保険におけるリハビリの点数は下がる一方だ。このような状況の中では、『人では足りなくて忙しいが、人は雇えない』という状況がこれからどんどん増えてくるだろう。

 つまり、療法士が飽和状態に陥るのである。

 その状況を打開するためにも治療を諦める療法士が一定数出ても問題ではない。

 飽和しているレッドオーシャンの治療業界ではなく、ブルーオーシャンの予防業界で戦っても良いのではないか。

予防業界はブルーオーシャン?

 予防業界がブルーオーシャンと伝えたが、実際はどうなのか?

 答えは、ブルーオーシャンだ。笑 これは経験済みである。

 ブルーすぎてチビるくらいブルーだ。

 理由は簡単である。今まで、予防の業界に進出していたのは素人ばかりなのだ。

 そして、予防業界の商品・サービスを受けていた人は素人からサービスを受けていた可能性が極めて高い。ここは思い返して欲しい。今まで健康食品や代替医療で成果を上げたことはあるだろうか?

 仮に効果があったとしよう。その効果が偽薬的効果(フラセボ効果)でない証明はあるだろうか。ないだろう。そう、そこに根拠なんてないのだ。

 そんな無法地帯の予防業界に我々専門家が進出するのだから、去年見た石垣島の海のように青い世界が広がっているのだ。

 ちなみに私が参入している整体業界も同様だ。国家資格保持者の柔道整復師も参入しているが、経営に関して素人すぎる方々の集まりなので、簡単に突き抜けることが可能なのだ。

ブルーオーシャンでもリスクはある

 多くの理学療法士・作業療法士が、その道を志した理由の大半は崇高なものだろう。だが、その脇に『国家資格で安定している』っていうものが合ったのではないか?

 少なからず私はあった。私はクライアントを良くしたいって思いなんぞ一ミリもなかった。苦笑(※養成校の先生方によって卒業時にはこの歪んだ思考回路は矯正されているのでご心配なく。)

 さて、このブルーオーシャンにリスクが有るとするならば、国家資格という温浴に浸かりたいがために選んだ者達が治療に脱落して参入するケースだ。

 だから、脱落者がいくらこの予防業界に参入しようとしても、失敗する。やめておけ。脱落者が食っていける世界でないことだけは言っておこう。

まとめ

 治療派の療法士に対する尊敬をお伝えする一方で、予防派には参入の隙間はひろぉく空いているということをお伝えした。

 が、治療派同様、予防派もバカが力を発揮できる業界ではない。力を発揮できるのは一生懸命頑張る、且つ能力を高める欲求が高い人達だけだ。

 いくらガラガラに空いている分野であるとはいえ、今まで療法士が殆ど踏み入れていない業界である。リスクは高い。

 だからこそ、私は能力の高い、治療派としてくすぶっている人材と共に、この業界を盛り上げたいと思う。

 さぁ、いこう。この真っ青できれいな業界に。(ま、その実、業界は汚れきってますがね。笑)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします