実習・国家試験対策

理学・作業療法学生の臨床実習がブラック企業の10倍辛い件

 私は気付いた。臨床に出てから如実に気付いた。残念だが気付いた。

 スーパーバイザーと呼ばれる奴らは、実力もないのに「学生の将来を左右する権限を持つ」というだけで偉そうに学生に対して威張り散らすのだ。

 これは、別にこれから理学療法士・作業療法士になろうとする方々への注意喚起ではない。

 巷にあふれる、自分が学生の時にされた仕打ちを今の学生に仕返しするかのように、実力もないのに権威を振りかざし威張り散らしている理学療法士・作業療法士に対して、自身を振り返り学生への指導を見直すきっかけにして頂ければ幸いだ。

学生に厳しくなる理由

 なぜスーパーバイザーは学生に厳しくなるのか。しかも臨床に出て数年までの学生に毛が生えたようなセラピストに学生の指導などできるはずがない。

 もちろん、受け持ちのクライアントの事は学生よりも知っているだろう。当然だ。本来は当然のはずだ。

 だが、中には学生の方がクライアントの事を考え、成果を上げている場合もあるのではないかと思う。驚くような話だが、実際にある。その理由は学生が優秀であるというよりも、理学療法士・作業療法士の受け持ちは何人もいるが、学生の担当はせいぜい数名だから手を沢山かけられるという点にあるからだと思う。

 しかしまぁ、だからといって学生に負けるようなスーパーバイザーに限って学生に対して威張り散らす傾向があるのではないか?

 知識は当然学生よりあるだろう。それを教えてあげる役割を担うスーパーバイザーなのに、学生が質問したら『何故自分で調べない?』『そんなこともわからないのか?』と言われる。

 なぜそのように厳しく当たるのだろうか。

 本人はもちろん学生のデキが悪いからだと言うだろう。しかし、私はデキの悪い学生ではなかったが1人のスーパーバイザーには殺されかけた。デキの悪い学生ではないというのは、別の2つの実習先では問題なくクリアしているからである。

 同級生の友人もデキの良い友人が、スーパーバイザーに悩まされたケースは何件もある。

 つまり、これは学生のデキが悪いからスーパーバイザーがイライラするというだけでは説明できない。

 その原因は、スーパーバイザーに学生に教える技術が無いことが原因だ。

 理学療法士・作業療法士はクライアントに対してリハビリを行う知識や技術は学生より優れているだろう。当然である。経験値が違うのだから。

 しかし、我々は学生を指導する方法を習ったことがない。にも関わらず教えなければならないのだ。

 リハビリのスペシャリストではあっても、学生指導のスペシャリストではない。だから、学生に対して厳しく威圧的になってしむのだ。

対策

 まずは養成校にて学生指導の方法も教えるべきだろうが、それも難しいと思う。何故なら学校の先生も理学療法士・作業療法士であり、教育のスペシャリストではないからだ。

 学校の先生の中には、教育に対して真剣と向き合い努力されている先生もいらっしゃるので、そういう先生と巡り会えた学生は運がいいだろう。私は運が良かったと思う。

 では、どうすべきか?

 理学療法士・作業療法士の仕事に『後進の育成』というものが含まれていることを思い出し、自ら学生指導の意義を考え、学生のために努力する必要があるのだ。

 クライアントのリハビリに対して努力を継続すると共に、学生指導の方法も独自で学ぶ必要がある。

学ぶべきはコーチングのスキル

 学ぶべきはコーチングスキルだろう。

 私は様々な心理学や大脳生理学を学んだことで、『スーパーバイザー業』に対する一切のモヤモヤが無くなったと思う。

 人の仕組みを知り、脳の仕組みを知り、心理の仕組みをしることで効果的に学生の指導に当たることが出来る。

 スーパーバイザーが威圧的になるのは、これらの仕組みを知らないからであろう。

まとめ

 最近の若い子は…。私達の頃は…。って表現は時代の流れについていけない者の言い訳だろう。

 ダメダメ。それでは。

 時代は常に流れ、刻々と変化している。当然、人間も文化も変わる。

 しかもここへきてその変化は急激に起こってきている。

 5年前、10年前と比べて明らかに違う今年を迎えていることに気付いているだろうか。思い返してみると良い、明らかに変わっていることに気付くだろう。

 そのような時代の変化に柔軟に対応する為にも、学生への指導を円滑にするためにも各理学療法士・作業療法士個々人の努力にかかっているのだ。

 是非、あなたも後進育成の為の努力をして頂きたい。

追記…学生さんへ

 学生さんへ向けてブラック実習を乗り切るコツを以下にまとめているので良かったら参考にしてみて欲しい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします