雑記
thumbnail

障害受容に対する違和感から生まれた受容促進法

 理学療法士・作業療法士の仕事の1つに障害受容を促すというものがある。いくつかの説はあるが、下の図はその一般的なものと言えるだろう。

f:id:p-therapy:20150322154916p:plain

 障害を持った方は、図のような過程を経て、障害を受け入れていくというものだ。

 私は養成校の学生だった頃から、この言葉に違和感を感じていた。それはとある先生が本当の障害受容とはクライアントが『障害を持って良かったと思えた時だ』と言った時からである。

 障害を持って良かっただと?レアケースとしてはあるだろうが、それはそう思ってるとしたら間違いだ。仮に障害を持って5年後にそう思えたとしよう。しかし、その人は障害のない状態の5年間を過ごしていないのだ。

 障害がなければもっと良い5年間を過ごせたかもしれない。そことを比較せずに障害を持って良かったとは言い切れるはずがない。

 『障害を持って良かった』という感覚は、『障害を持たない状態』と比べて『障害を持った状態』の方がより良いという比較の上に成り立つ。だから、比較対象を経験していない以上、それは単なる戯言に過ぎないと思ったのだ。

 今回は、障害受容とそれに対する私の考えとアプローチについて考えたことを書いてみたい。

本当に障害受容なんてありえないか?

 結論から言うとありうると思う。しかし、それは『障害を持って良かったと思う状態』ではないと思う。

 障害受容とは、障害があることをしっかりと見つめ、受け入れ、対応することである。

 「こんな身体になってしまって…」とショックを受けている状態、認めたくない状態、悲しみにくれる状態、諦めてしまう状態などなど、個人によって障害に対する気持ちは千差万別だろう。

 そんな状態から、様々な過程を経て「障害はある。もちろん嫌だ。無い方が良いに決まっている。だけど…」と思える状態になればそれは恐らく障害受容だろう。

 だから、上の図のような障害受容の過程などはありえないと感じている。

 もちろんショックだし、認めたくないし、悲しい。だけど、そんなことを言っていても仕方ないから自分のできることを最大限にやろうと思える状態。つまり、障害に対する感情と人生を歩む事を切り離して考えられる状態だ。

 そういう状態が障害受容ではないだろうか。

 これらの感情を消すことは絶対にできないだろう。何故なら、後遺症は残るのだから。だから我々はこれらの感情に対してアプローチなどできない。しなければならないアプローチは、感情と人生を別々に分けて考えられるようにすることである。

障害受容を促すアプローチとは

 私は「うつ」に対してのアプローチと非常に似ている(というより同じ)だと思っている。

 それは、『ショックを受けている状態』『認めたくない状態』『悲しみに暮れている状態』にさっさと飽きてもらうことだ。

 あなたは、寝食を忘れて没頭したことのある趣味などを持ったことはあるだろうか?

 TVゲームかもしれないし、漫画かもしれない。あるいはジグソーパズルなどかもしれない。しかし、そのような趣味を持っていたとしたら、同時に経験していることがあるはずだ。

 それなしでは生きられないとさえ思っていた趣味も次第に飽きてしまうという経験だ。

 炎のように燃え上がって愛しあったカップルも別れる。次第に飽きるからだ。恋に恋している状態とも似ている。

 大好きなことでも飽きるのだから、嫌なことも飽きることはできる。仕事などはいい例かもしれない。

 大嫌いな仕事をやった経験のある人なら分かるだろう。嫌で嫌で仕方ない。けど、惰性で続けてしまっている。が、MAXに飽きた時には退職するだろう、

 つまり、中途半端にショックを受けている状態をダラダラと続けるのではなく、徹底的にショックを受けるしか飽きることはない。軽い否定を続けるのではなく、徹底的に自己否定すればいい。

 いや、そうでなければクライアントが障害を受容することなどできないだろう。

ではどのように?

 1つだけアイデアを提供したいと思う。

 もちろん1つのアイデアであり、それが正しいかどうかはご自身で判断して頂きたい。

 そして、残念ながらこの方法を使えば障害受容は促されるかもしれないが、あなたとクライアントの関係性は崩れる可能性もある。少なくとも一時的には嫌われる。

 そのアイデアとは、クライアントを煽ることだ。

 真実を見つめさせ、徹底的にショックを与えるのだ。自己否定の材料を提供し、悲しみの材料を提供すればクライアントはその誘導にしたがって、徹底的にショックを受けたり、自己否定したり、悲しんだりしてくれる。

 もちろん、自殺のリスクには充分に対処しておく必要がある。事前の家族や病院への説明もしっかりしておく必要がある。そういった準備を怠ったらこの方法は上手く行かない。

 徹底的に準備して、徹底的に煽る。ただし、決して見捨てるわけではない、私はあなたを応援するという強いメッセージを持った眼差しでクライアントの傍に居て欲しい。

まとめ

 障害受容とは、ショックも否定も悲しみなども全て内包している状態で、その感情とは別に自身の人生について考えられる状態だ。

 そして、そうなってもらうには、我々は早くその状態を飽きてもらう事が効果的だと考えている。

 しかし、考えてみて欲しい。

 そもそも受容する必要のない状態の方がよっぽど良くはないだろうか。

 わざわざ、余計なショックや否定や悲しみを感じる必要性はどこにもない。

 障害を持つことを予防することこそが、根本だと改めて思う。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします